Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

J1第4節 横浜FC戦2-1

第4節にして昇格組との初対戦である。

その相手は,
前節川崎の前に大量6失点を喰った横浜FC。
FK以外ではエリア外からのゴールを許さないことでリアルSGGKとして名高い菅野も,
ジュニーニョ砲の前にあえなく陥落。

「ハマナチオ」とすら呼ばれる横浜FC,
自己のアイデンティティたる守備が完全に崩壊させられたということで,この心理的ダメージは結構でかいはず・・と思いきや,
高木監督はナビ杯2戦を挟み,名古屋戦に向けてきっちりと守備を立て直してきていた。

ボールホルダーに対する複数での素早いチェックでパスコースを切り,名古屋の中盤から時間と自由を奪う。
中盤がコンパクトである一方で,最終ラインの位置を必要以上に高く設定しすぎることなく,杉本が使うスペースも消している。

縦パスも入らず,ロングフィードも封じられ,やむなくDFラインでボールを回す時間が多くなる名古屋だが,そこに横浜FWが前線から猛烈なプレッシャー。
ボールが引っかかれば,素早くサイドアタックに展開。
これは,今年の名古屋のポゼッションサッカーを相当に研究してきていることが伺える。
いやはや高木琢也恐るべし。
最近の若手監督は,高木や長谷川健太のようなFW出身者たちが,都並や柱谷弟のようなDF出身者たちを,理論面でも指導面でも完全に上回っている格好である。

さてこの日横浜FCのスタメンFWを張ったのは,久保でもなくカズでもなく,新人#19難波宏明。
しかし,そのとても新人には見えないふてぶてしい面構えはどうだ。

51833.jpg

それもそのはずこの男,岡山県立笠岡工業高校を卒業後,01年ヴィッセル神戸へ入団,翌年JFLの栃木SCに移籍。さらにその翌年に流通経済大に入学し,在学中横浜FCの特別指定を受ける形でJの舞台に「帰ってきた」男。
紆余曲折を経た難波,杉本恵太とは同い年だが,流経大の2年後輩にあたる。


ん?岡山?笠岡?どこかで聞いたことがある地名・・・
そしてこのヤンキーとしか言いようのない顔付きにもどこか見覚えが・・

あ!わかった!千鳥の大悟だ!(笑

chidori.jpg


※まったく役に立たないお笑い豆知識:
吉本興業所属の漫才コンビ「千鳥」の大悟とノブ。
2人は,岡山県立笠岡商業高校の卒業生である。
そして「千鳥」というのは,笠岡商業の隣の,県立笠岡高校の通称である。
「かさこう」と呼ぶと笠岡工業とカブってしまうため,区別する意味もあり,
笠岡高校はその校章にも描かれている「千鳥」の名で呼ばれているのだ。
大悟,ノブの2人は,自らの卒業校である笠岡商業の隣に位置し,
進学校として地域のトップに君臨する笠岡高校への憧れから,
自らのコンビ名を「千鳥」としているという。※


大悟は瀬戸内海に浮かぶ笠岡諸島の北木島出身,一方の難波は倉敷出身のようだが,
「千鳥」つながり,そして何より,まったく同系統の岡山ヤンキー顔,キャラモロカブりである。

その難波が,コンビを組む#17ジウマールシウバとともに,開始早々からイキッたヤンキー顔全開で右に左に走り回る。
図らずも最初にその犠牲者となったのが,楢崎正剛。

試合開始早々,右サイドフリーで突破した難波が,コース,スピード共に抜群のド鋭いクロス。
そのあまりの鋭さに楢崎と竹内が同時に反応してしまい,両者接触。
幸い楢崎は何とかボールに触って失点を免れたが,腿に大ダメージが残り,
しばらくは我慢していたが,結局交替。
"クッシー"櫛野亮の移籍後初出場はスクランブル発進となった。

後半,今度はそのクッシーが難波の犠牲者となる。

後半16分,山口素弘(ようこそお帰りJ1へ!)から難波へ絶妙の浮き球フィード。
追いついた難波,いわゆるシャペウを使ってマーカーの竹内の頭上を抜く。
逆を取られた竹内がたまらず手をかけた瞬間,待ってましたと倒れる難波。
しかし残念ながら奥谷主審の笛は鳴らず,「立て」の指示。

左サイドでこぼれ球を拾った滝澤邦彦(ようこそお帰りパート2)が再度クロスに行くが,
大森がカットしてCK。

ここで難波が凄いヤンキー顔で,奥谷主審にクレームをつける。
その不遜な態度といい,堂に入ったダイブ技術といい,うーむ末恐ろしい新人だ・・・
と思っていたら,なんと難波,CKのこぼれを抜け目なく押し込んで先制ゴールを決めてしまう。

これで名古屋の開幕からの無失点はあえなくストップ。
さらに難波のシュートをついうっかり手で止めようとしてしまった中村直志にカレー券のおまけつき。
一人で名古屋にこれだけのダメージを与えるとは,難波宏明ただ者ではない。

守備の安定を取り戻した横浜FC相手にセットプレーで一点ビハインド,
これは相当厳しい試合になるであろうことを覚悟させられた。
・・・2分間だけは。


失点からわずか2分後。
パスミスから相手にインタセプトされたボールを,強靱な足腰で奪い返す本田。
本田からボールを受けたジョンウが突破に行くが,横浜のDFも決して飛び込まない粘り強い守備。
ターンしたジョンウが上がってきていた増川へ戻しのパス。
このとき中央では杉本が動き直して小村の裏を取っている。
増川はダイレクトで速いクロス,杉本は国内有数の瞬発力を生かしニアで小村の前に入り込むダッシュ。
ピンポイントでヘディングを合わせる美しい同点ゴールを決め,あっという間に試合を振り出しに戻して見せる。
奇しくも流経大の先輩後輩の#19同士が点を取り合う展開となったが,
流れとしてはわずかな時間で追いついた名古屋に来るか。

その予感があたったのはまたわずかに2分後だった。
中盤まで下がってポストプレーをこなすヨンセンから,右サイドの直志へ。
オープンスペースへダイアゴナルランした杉本に直志から縦パスが通る。
切り返した杉本が左足でクロス。
ニアサイドにはヨンセンがもう上がってきている。
小村を引き連れてつぶれるヨンセン。
ファーで待っていたのは,名古屋の心臓,#13山口慶。
今季何度もこのプレーを見せているが,ようやく実った。
倒れながら放ったシュートの当たりは悪かったが,GK菅野の逆をつきゴールイン。
電光石火の逆転劇成る。
楢崎から受け継いだキャプテンマークも凛々しく,ゴール裏に応える慶。
お前こそが名古屋だ!

この後横浜FCは,久保,ヨンデ(ようこそお帰りパート3),アドリアーノ(パート4)を次々投入。

最初はアドちゃんのドリブルがきちんと戦術的に機能しているところを見て,
彼の確かな成長を感じたりする余裕をかましていたが,
遠征疲れが蓄積されてきたか,ヨンセンが妙に簡単にボールをロストし出す。
そのうえ,わずか一点差しかないことを忘れているとしか思えない軽率な横パスのミスを連発する名古屋。


こいつは横浜FC粘りの同点劇というのも十分ありうる展開・・・
と思ったらロスタイム最後の最後で肝が冷えるようなシーン。
アドがあげたクロスを大森がヘディングミス。これがなんと久保へ。
久保すかさず胸トラップから押さえたシュート。
しかし,これはクッシーが見事にシャットアウト。流石はジェフの正GKを長年張った男!


ディフレクションに走り込んだ和田拓三が放ったシュートははるか天空へ,この瞬間名古屋の開幕4連勝が決まったのであった。

さて,楢崎は全治4週とのこと。
あーよかったクッシーがいて(最近こんなんばっか・・・)

スポンサーサイト
  1. 2007/04/03(火) 00:49:05|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:4
<<J1第5節 広島戦2-3 | ホーム | 金古聖司名古屋に来たる。>>

コメント

私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/ma_sa20007/archives/53507205.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
  1. 2007/04/03(火) 10:03:17 |
  2. URL |
  3. 笑いの伝道師 #-
  4. [ 編集]

相手の得点のとき、主審がカードを出しているのが見え、「誰なんだろう?」「何したんだろう?」と訝しく思ってたのですが、あとでテレビを見て納得しました。直志の思いっきりのハンド!!もし、横浜FCが点を決めてなかったら、直志はレッドでしたね。よかった、よかった。
  1. 2007/04/03(火) 20:58:34 |
  2. URL |
  3. のすけの母 #lli.r0dY
  4. [ 編集]

難波のプレーはほぼ初見でしたが、かなり危険な選手という印象を残しましたね。
ああいうタイプの選手は結構好みです。


確かに大悟を思わせる顔・キャラですね。
僕としては、
「FC東京の徳永=きれいな大悟」
だとずっと思ってましたが、どうでしょう?
  1. 2007/04/03(火) 21:07:25 |
  2. URL |
  3. blaze #xNmdTEHo
  4. [ 編集]

>のすけの母さん
あれは本当にやばかった。
得点阻止してたらレッド+PKですからね。
直志くんまた精神状態がおかしくなってるかも・・・

>blazeさん
日本には少ないタイプの選手ですね。
あれで久保と組ませたら,相当ガラ悪くなりますね,楽しみです。

徳永ね!
なるほど,大悟からあのチンピラ風味を抜いたらね!
でもそれだと別人ですやん・・(笑
  1. 2007/04/04(水) 11:51:00 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/94-017c6ecf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第4節横浜FC戦は逆転勝利で4連勝!!

汗ばむ横浜は、桜も満開。柏サッカー場と同じような雰囲気をもったサッカー専用スタジアム。雰囲気は満点、あとは勝つだけ。
  1. 2007/04/03(火) 20:59:48 |
  2. 赤鯱グラと黒鯱クー

”No.13” ’07J1第4節 横浜FC1-2名古屋@三ツ沢

記録はこちらから↓http://www.so-net.ne.jp/grampus/result/2007/0401/result.html必ずしも良い内容の試合では無かった。が。&lt;font color=red size=6&gt;&lt;b&gt;この勝利はとてもでかい。&lt;/b&gt;&lt;/font&gt;&lt;font size=1&gt;と、思う。&lt;/font&gt;スタメン
  1. 2007/04/03(火) 21:09:03 |
  2. 鯱生活 -DAWN AND GONE-

つまみ出せ!より、KAZUを出せ!

J1リーグ第4節 名古屋グランパス2-1横浜FC@三ツ沢公園球技場 ナビスコにおける甲府2連敗の負い目を払拭するリーグ戦4連勝… 夢か真か奇跡か嘘か! ( ̄□ ̄;)!!! 先週不味かった名古屋飯は素材を戻し、2週間前よりも少し美味しく味も少し深くなっていまし
  1. 2007/04/04(水) 23:56:56 |
  2. クロゴマスタイル

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。