Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

UEFAチャンピオンズリーグ決勝T1回戦2ndleg リヴァプール-バルセロナ

第2戦。
ホームで2点取られて逆転負けした前年度覇者バルセロナ,
絶体絶命の状況でリヴァプールのホーム,聖地アンフィールドへ。
第1戦で欠いたサミュエル・エトーもなんとか間に合った。

普通にやっていたのでは勝ち目の薄いバルサ。
ライカールト監督は,長年熟成を高めてきた4-3-3を捨て,アヤックス型中盤ダイヤモンドの3-4-3を採用。
ファンにとっては,クライフが率いたドリーム・チーム時代を嫌でも思い出してしまうシステム。
90年代のアヤックス黄金期,このシステムでヨーロッパを制したルイス・ファン・ハールですら,
その後監督に就任したバルサにおいては使わなかった,否,使えなかった,禁断のシステム。

ライカールトとしては,デコとシャビとイニエスタの同時起用で中盤の支配力をさらに高めようという策か。


しかしまあ,これがモノの見事に裏目に出た。
確かに第1戦に比べればボールは回せた。だが,それだけ。

人数が増えた分中盤でボールを回し,サイドまで持ってはいける。
持ってはいけるのだが,そこで貰ったエトー,ロナウジーニョ,メッシがいずれも孤立。後ろからのサポートがない。
サイドでボールを持ったとき,4-3-3だったらすぐさま救援に駆けつけてくれるサイドバックが来ない。

よって,どうしても単騎でのドリブルしか手がない。
ただ,彼らのスキルをもってすれば,たとえ単騎でも1対1なら必ず勝つ。
そのことをイヤというほど知っている,元ヴァレンシア監督にして,現リヴァプール監督ラファ・ベニテスは,
この試合を通して,とにかくボールホルダーへの複数での対応を徹底させた。
1対1なら止めるのが無理でも,1対2,1対3なら・・・

何度ボールを貰っても潰されるエトー,潰されるメッシ。
その刹那繰り出されるリヴァプールの鋭いカウンター。
中盤3人衆はその対応に追われ,サイドのサポートまで手が回らない。
ますます孤立するFW陣,という絵に描いたような悪循環。

打開する策はただ一つ,ロナウジーニョくんが,1対複数の数的不利状況でも,
「何とかしてくる」ことだけ。

だがこの試合,リヴァプール守備陣のロナウジーニョ対策はほぼ完璧。
安易に飛び込まず,切り替えされても体重を残して足を飛ばし,ボールをつつく。
辛抱強く,少しずつ少しずつ余裕を刮ぎ取り,ひたすらストレスを与え続ける。
要は,あの「笑顔」を消す,そういう守備である。
ベニテスの思惑通り,リヴァプールDFは,ロナウジーニョから笑顔を消し,試合からも「消し」て見せた。
一度だけ許したドリブルシュートも,ゴールポストが阻んでくれた。

もっとも,ポストを味方につけていたのはむしろバルサであって。
はっきり言って,ポスト様とクロスバー様がいらっしゃらなかったら,
バルサは前半で既に死亡していたであろう。
そのくらいリヴァプールの攻撃は鋭かった。
山ほどあった決定機の外しっぷりもまた凄かったが(笑

専らリヴァプールの責任において,スコアレスのまま折り返す試合。

しかし後半もバルサには打開策なし。
勝つためには2点が必要,しかし1点目の気配すら見えない。

交替して入ったグジョンセン,誰も期待していなかった(と思う)この男が,
残り15分のところでようやくゴールしたが,
嗚呼遅かりし由良の助。

その後もリヴァプールは「バルサに2点与えない」というミッションを完璧に遂行,
極めて順当に準々決勝進出を決めた。

これぞソリッド,という2ラインの4-4-2の機能美。
12年前(もうそんなになるのか・・)の我がクラブに思いを馳せるに十分であった。

いやあ完敗です。
ライカールトのクビを飛ばすか,アシスタントコーチを雇い直すかして,また出直してきます。
ってお前何様だ(笑

スポンサーサイト
  1. 2007/03/08(木) 15:37:12|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<平安の祈り。 | ホーム | 最新移籍リスト出ました>>

コメント

ライカールトの博打的采配っていっつも外れてるイメージがありますね。
あの変な3バックとか。
ロナウジーニョ中、エトー左も個人的には????でした。
リバプールはとにかく寄せの早さが尋常じゃなかったですね。
知らん内にリアリズム溢れるチームになっちゃった・・・。
もうやらかすリバプールとはお別れか・・・
  1. 2007/03/08(木) 19:48:18 |
  2. URL |
  3. blaze #xNmdTEHo
  4. [ 編集]

>blazeさん
>もうやらかすリバプールとはお別れか・・・

いや、絶対このままではいきませんよ(確信

ライカールトはねえ・・
テン・カーテを失った今季こそ真価が問われると思ってたんですが、やっぱり限界を見せてしまいましたね。
ニースケンスじゃちょっと荷が重いわなあ・・・
  1. 2007/03/08(木) 22:21:40 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/85-d9fe28dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。