Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高校選手権決勝 盛岡商2-1作陽

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて,新年早々のお楽しみはといえば天皇杯と高校選手権。
前者は浦和がしたたかに連覇。おおガンバよ,あのメンバーのレッズを仕留められないとはなさけない。
浦和に早くも優勝回数で並ばれた名古屋ちゃん,数少ないプライドの拠り所すらも奪われていきますなあ(苦笑

そして高校選手権決勝は,強豪校が次々に早期敗退していった波乱の大会を象徴するかのごとく,岩手×岡山という,実に新鮮な顔合わせとなりました。
その決勝は近年になく実力伯仲,実にスリリングな好ゲーム。
これほど両校に勝たせてやりたいと思った決勝もなかなかありません。

まずは盛岡商のみなさん,県勢としても初の優勝おめでとうございます。
同点ゴールの林くん,左サイドを突破した大山くんの絶妙のグラウンダークロスを一度は空振り,直前にもPKを大失敗しているだけに,これで盛商万事休すかと一瞬思いました。
しかし,決して諦めない心の強さが,ボールをもう一度呼び込み,それでしか届かなかったであろう左足のトゥキックが作陽ゴールを打ち破ります。

そして後半40分の逆転ゴールの場面。
あの終盤に来てなおトップスピードから急ストップすることができる成田くんの足腰の強さには目を見張らされました。
このプレーの裏には,我々などが想像も及ばぬ量の走り込みがあるのだろうな・・と,国見とはまた違った意味で「部活サッカー」の真髄を感じた気分でした。

これぞ「じょっぱり」という素晴らしいプレーで初優勝を勝ち取った盛岡商,いやはや新年からいいものを見せてもらいました。
いまや闘病話ばかりが取り上げられる斎藤重信監督ですが,個人的に思い出されるのは,大船渡時代,自宅に下宿させていた小笠原満男の弁当を作って持たせてやっているシーン。
いち高校教師がここまでやるのか・・サッカーに対する斎藤先生の底知れぬ情熱に,当時畏怖したものです。
東北岩手を全国の頂点へと導いたそのお仕事は,偉業と呼ぶに値すると思います。ほんとうにおめでとうございました。

対する作陽も本当に惜しかった。
素晴らしい先制点のシーン,右SBの桑元くんからのカウンターチャンス。中へ切り込む桑元くん,DFを吸いつけているFW村井くんを囮に使ってさらに進むかと思いきや,ここで村井くんにボールをスイッチ。
ああ自ら攻撃を手詰まりにするとは勿体ない・・・と思ったのですが,預けられた村井くんが矢張り只者ではなかった。
桑元くんにボールを預けさせたものは,「アイツなら何とかするはず」という絶対的な信頼感だったでしょう。そしてこの日後半からの出場となった手負いのエースは,その信頼に確かに応えてみせました。
左膝を負傷しているとは思えぬ豪快なルーレットでDF2人を置き去りに。それまで鉄壁かと思われた盛岡商ディフェンスラインを一瞬にして無力化した,素晴らしい「芸」。
村井くん渾身の右足シュートがクロスバーを叩いて跳ね返る。これに誰より早く反応したのはこの攻撃の起点となった桑元くん。ヘディングで流し込んで待望の先制ゴール。
それまでも再三,サイドバックとは思えぬ突破力を見せていた桑元くんの攻撃参加がここにきてようやく実った形でした。

そして,その後の盛岡商のゴールが2点とも(PKを与えたシーンを含めれば3度とも),その桑元くんの裏のスペースから生まれたことも,勝負のアヤとして面白く。

作陽としてみれば,与えてしまった痛恨のPKが外れてくれたことで,「よし,このまま逃げれば・・」と姿勢が受けに回ってしまったかもしれませんね。
それにしても02年の岡山県大会決勝,あの世紀の誤審事件,青山敏弘(現サンフレッチェ広島)の幻のゴールから4年。
あの経験を確かな肥やしとして,選手権決勝の高みまで駆けのぼってきた作陽に,心から敬意を払いたいと思います。

さて審判問題といえば,この試合の主審は,誰あろう家本政明氏。
内心,一番心配していたのはこの人の出来だったのですが,終始安定した目立たないジャッジを見せてくれました。PKの判定もきわめて妥当。
必要以上にカードに頼らない,選手と対話を図りながらの落ち着いたジャッジぶりには好感すら持てました。
高校生相手ならばこれだけの仕事ができる人が,Jではああまでも支離滅裂になってしまうことについては,慎重な原因分析と問題解決が求められましょう。
その際,選手側に存している問題もまた無視できませんな。

さても今年の高校選手権決勝,清々しい良い試合でした。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 15:53:32|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<古賀正紘の移籍によせて。 | ホーム | 被イエローカードを総括する>>

コメント

まだ残っています…

「2部に落ちてない」
  1. 2007/01/09(火) 21:15:08 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

>やすさん

えっ2部に落ちたことあるんですか浦和って?
シンジラレナーイ
  1. 2007/01/10(水) 19:06:19 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

昔、スカパーかなんかで
「母ちゃん、おいらをBラニスタに産んでくれなくて、ありがとう」
ってなマフラーかTシャツを持ったインテリスタのシーンを見て、いつか
「母ちゃん、おいらをレッ2゛サポに産んでくれなくて、ありがとう」
グッズを作ってやろうと画策して…はいないんですが、
うちも一度でも優勝したらやっぱり作りたい…
  1. 2007/01/16(火) 22:38:01 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/70-ee74117b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。