Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガウショ魂。

クラブワールドカップ決勝は,
インテルナシオナルが注文相撲でバルセロナを突き落として,初の世界一に。

サッカーというゲームの何割かは,やっぱり「気合いと根性」で構成されているのだということを改めて思い知らされる試合でした。

明らかに鼻が折れてるDFインジオが,止血だけして再びピッチに戻っていったのにも,
その治療の間,足を痛めてたFWフェルナンドンが,カピタンとしての責任感だけで交替を持ちこたえていたことにも感動させられました。
そして決勝点のシーン,インテル#10イアルレイがプジョルをかわした瞬間,否,「ヤツならかわす!」と確信した瞬間に,爆発的スタートを切ったアドリアーノの見事な走り。
ガウショ魂がまさしくそこにありました。
アルゼンチンの作家ホセ・エルナンデスは,かつてガウチョ(ブラジルでいう「ガウショ」はアルゼンチンでは「ガウチョ」です)文学の最高峰といわれる「マルティン・フィエロ」の中でこう書いたそうです。

~危機を克服し,いかなる奈落からも自分を救い出すもの。それは人間が内に秘める信念の力である。信念は剣よりも優れ,槍よりも堅固なる武器となる~

この日,インテルナシオナルがバルサを凌駕したのは,信念の力にほかなりませんでした・・・

ところで,バルサのロナウジーニョくんも,デブロナウドと区別したりするために「ロナウジーニョ・ガウショ」と呼ばれておることは,
ガウショというのがブラジルは南部リオグランデドスル州辺りのカウボーイのことであり,ひいてはその辺り出身の男性のことを指してそう呼ぶということも含めて,ご案内のとおりであります。


僕にとって,ガウショといって思い出されるのは,ロナウジーニョにとってはグレミオの大先輩にあたる,レナト・ガウーショその人です。
83年の第4回トヨタカップでハンブルガーSVから2ゴールを挙げたあのレナトです。
(ちなみに,この試合のDVDのアマゾンのレビューには,「レナトは後にオスカー率いる日産自動車に加入した」と書いてありますが,これは誤りで,あのレナトとこのレナトは別人です)

僕は残念ながらそのトヨタカップは見ていないのですが,
彼がASローマからブラジルに戻ってきて以後の,90年代前半のプレーは,
実況倉敷保雄&解説向笠直(個人的にはこれこそがゴールデンコンビです)による,ケーブルTVで時々やっていたブラジル全国選手権の放送で見ていました。
そこで僕は,マルセリーニョ・カリオカやマルセリーニョ・パウリスタらとともに,出身地名で区別されている選手の一人として,「レナト・ガウーショ」(倉敷アナはこのように伸ばして発音していました)の名を知り,
ガウーショがブラジル南部の誇り高きカウボーイを意味していることを,レナト・ガウーショの勇猛果敢なプレーぶりとともに,心に刻み込みました。

何年かしてレナト・ガウーショは表舞台から去っていき,次に「ガウショ」の名で知られるようになったのは我らがロナウジーニョくんでした。
だけど,彼が我々に見せてくれるのはもっぱら猪口才な曲芸ばっかり。
「ガウショ」らしさを見せてくれるのは時々だけなんだよなあ。
そりゃ出身地でプレースタイルまで決められちゃかなわんと思うかもしれないけど,誇り高き「ガウショ」の名を背負うのであれば,もうちっと身体張った気合い入ったプレーを見せて欲しいと思うわけですよ。
それもできるんだから彼は。

この日のロナウジーニョは,リオグランデドスル州の州都ポルトアレグレをホームタウンとする,グレミオにとっては最大のライバル,インテルナシオナルとの対戦ということで,まさしくガウショ対決といった様相を呈してはいました。
しかし,この日の戦いにおいても,ロナウジーニョから「ガウショ」らしさをかいま見ることはできませんでした。
華麗なパスワークで崩して美しくゴールを陥れ,日本の「バルセロニスタ」を満足させようと思っていたのかもしれませんが,そのベクトルは,チームの勝利とは別の方向に向かっていたような気がしてなりません。

かのヨハン・クライフは「勝つときは少々汚くともいい,だが負けるときは美しく」とのたまいましたが,この日のバルサの負け様は,まったく美しくありませんでした。
バルサが見せるサッカーからは,実力に劣る相手をできるだけ格好良く仕留めたいという,ある種の傲慢さが見て取られ,その傲慢さは,ガウショたちが見せた真摯なサッカーの前に無様に敗北していきました。

バルセロナファンとしては,このような試合を見せられたことが残念ですし(途中からは負けてしまえとすら思っていました),
次回(それがいつのことかわかりませんが)世界一を狙えるチャンスが来たら,今度は気合いと根性で勝ちに行って欲しいと思います。

曲芸は要らない。
ロナウジーニョのガウショ魂が見たい。

スポンサーサイト
  1. 2006/12/18(月) 16:58:22|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<被イエローカードを総括する | ホーム | 第1回Jリーグ合同トライアウト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/68-3440929b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。