Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

J1第23節 新潟戦3-1

メインからの眺め メインからの眺め2 

完全に時機を逸しておりますが,土曜日の試合について。
名古屋地方はもっぱら「ラジコン王」山本昌のノーヒッターに沸きかえったこの日でしたが,名古屋としても苦手新潟との12位争奪戦という,中位戦線(笑)に踏みとどまるためにはきわめて重要な試合。

家族そろっての観戦となりましたが,チケットを譲ってもらって,何年ぶりかにカテ1で観戦。
新潟ベンチの右上くらいの席でした。
最初は「おー近いー」「おーオカだー」と喜んでおりましたのです。

試合中,目の前のなかなか白熱した展開をよそに場違いな電子音がするので,
気になって振り返ると,後ろの席の少年が一心不乱にPSPとかいう機械に取り組んでいるのでした・・・
あの素晴らしいヨンセンのゴールも見ることなしに。
少年よ,一体その機械の中にどんな世界があるというんだい?
せめてそのプレーしているソフトがウイイレとかじゃないことを祈るよ・・・

ゲームしている子どもはともかくとして,ちょっと(笑)声を出したり指笛吹いたりするだけで浮いてしまうカテ1の雰囲気にだんだんいたたまれなくなってきて,妻子を残して後半からゴール裏に合流した僕でした。

久しぶりのカテ1の印象としては,ゲームに熱中している子どもがいることよりも(ゴール裏にもいますからね),スタンドが見事なまでにガラガラなことの方がより気になりました。
この試合の観客数は9308人,3連休初日ということもあって新潟サポも大勢駆けつけ,両ゴール裏がほぼ満席にもかかわらず,まさかの1万人割れ。
集客面でメインスタンドとゴール裏の間に広がる断層は相当深刻です。

メインに金払う「富裕層」(あえてこの言葉を使いますが)の不在。
そして,おそらくは席料が安いという理由だけでゴール裏自由席に座っている多くの人びと。
本当に名古屋は景気が良いのだろうか?
経済誌は名古屋特集花盛りだけど,花火大会ひとつ満足に開けなくなってしまったこの町の一体どこを取ったら「元気だ」なんて言えるんだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試合のレポも今さらながら少し。
渡邊圭二が4バックの左SB,そうすると,従来ここを定位置にしてきた(苦笑)本田圭佑が前に押し出されて3トップの左ウィング。
オシム対策というわけではないのだろうが,ますますユーティリティ度を高めていくホンディ。

試合は序盤から名古屋ペース。
藤田俊哉&中村直志&キム・ジョンウの3センターハーフにほとんど圧力がかからず,好き放題にサイドチェンジしまくりの裏取りまくり。
こうなると生きてくるのは,スギーニョこと潮来の韋駄天こと杉本恵太のスピード。
最近とみに精度を上げている速いクロスを駆使して,前半だけで2アシスト。

とくに2点目は,杉本の速さとヨンセンの圧倒的技術が生み出した完璧な一撃。
ワンバウンドした腰の高さのボールに対して,右足インサイドで完璧な「面」を作り,足を振らずにミートするだけで,GKの届かないファーサイドに放り込んだ。
「ボレー」というプレーのお手本として教則ビデオに載せたいくらいの素晴らしいゴール。

その後も名古屋が攻めまくる。
よーし前節の飯田産業が7-0ならこっちは8-0だ!と算盤をはじいていたのだが,新潟GK北野の前に追加点が奪えない。
そのうちに,ヨンセンが自分のゴールにも打ち込んでしまい,2-1で前半終了。

後半,1点差だと何がどうなるかまだわからなかったのだが,セフオヤジは途中で渡邊を下げ,津田梅子こと津田三蔵こと津田知宏を投入。
これがドンピシャ。
津田は相変わらずの好調ぶりで新潟DFを切り裂きまくり,後半29分には「何故かそこにいる」という,ストライカーには欠かせない才能を発揮して,杉本のシュートがポストに嫌われた跳ね返りを押し込み,試合を決めてしまう。

この後の名古屋は攻める気皆無。
なんて勿体ない・・得失点差を詰めておく絶好のチャンスを・・
定位置の左SBに戻った本田くんに至っては・・もはや自陣から出てこず。
おい,お前はそんな普通のサイドバックの仕事をするためにそこにいるわけじゃないだろが!
俺たちみんなまだまだ全然物足りないぞ!

と,選手に対して怒りを覚えていたのは,我々の周囲に限定されていたようで,その他大勢の怒りは専ら主審岡田正義へ。
あのねー,なんでもかんでも被害者意識出してきゃいいってもんじゃないんだよね。オオカミ少年じゃないんだからさ。
この日の岡田氏は,選手と対話する代わりとして繰り出す,あの「ピピッ,ピピッ」ていう耳障りな笛を除けば,おおむね気にならないレベル。
このレベルのジャッジにまでうだうだ言うってのは,「私,名古屋を愛するあまり,サッカーに対して盲目になっております」と自ら宣言しているようなもんですよ。

さて名古屋。
瓦斯も抜いて11位をゲット。
次節は水沼F・マリノス。
気になるマルケスは,まだリハビリ中?

スポンサーサイト
  1. 2006/09/19(火) 19:09:09|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<J1第25節 大宮戦4-1 | ホーム | 2006ドイツW杯旅行記(その7)~ミュンヘン編3>>

コメント

>astin殿

おいら的にはボレーシュートのお手本はデュデュしかありません!!!
  1. 2006/09/19(火) 20:15:58 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/52-ca513029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。