Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

J1第18節 磐田戦3-1

強い名古屋に惹かれた(笑)14392人

日程の関係で二試合続けてのホーム開催,今日は再び一人でゴール裏へ出撃。

名古屋のシステムは,アウェイの磐田戦でも使った,本田を左SBに置いての4-3-3。
一応書いてみるとこんな感じか。

     ヨンセン
玉田        杉本
   藤田   中村
     山口慶
本田 古賀 スピラール 大森
      楢崎

序盤,DFからボランチに入ったボールのインターセプトを狙ってタックルにいった山口慶が倒されてFKを得る。
名古屋が素早いリスタートで早い展開を狙ったが,ボールを受けた杉本のトラップが流れて奪われてしまう。
これを再度奪い返そうとした杉本がファウルを取られて磐田のFK。
磐田もこれを素早くリスタートするが,この一連のプレーのきっかけとなった山口慶はこの間ずっと倒れたまま。
ところが,主審西村雄一は,わざとなのか,それとも単なる視野の狭さからか,ゲームを止めずに,磐田のプレー続行を認めてしまう。
「当然主審が止めるだろう・・」という思い込みから,一瞬足を止めてしまう名古屋の選手。
その間隙をついて,中央を高速ドリブルに入る#11西紀寛。
これに追いついた左SB本田,半ばキレ気味に後方からの猛烈なスライディングタックルで西を止め,イエローカード。
本田は,倒れたままの山口慶を指差して主審を怒鳴るが,当然のように取り合われず。

こういう場合,最近は,主審が止めない限りは選手が倒れていても,プレーを続行してよいということになったはず。
主審の判断の当否はさておいて,選手のセルフジャッジは大火傷の元。
おかげで本来守備的な仕事を期待されてはいないはずの本田がケツを拭く羽目になるのだから・・・
ともあれ,このプレーがこの日の本田劇場の幕開けとなった。

幸い,山口慶は支障なくプレー続行。3人で構成する現在の名古屋の中盤において,鍵を握っているのは間違いなくこの男だ。
単純な運動能力のみならず,全体のバランスを把握する視野の広さと,優れた危機察知能力を備え,常に頭を回転させながら次の仕事を探している。
攻撃面にあっても,極めてシンプルなプレーで潤滑油のような働きをこなして及第点以上。
名古屋のシャビ・・・というのはまだ言い過ぎかもしれんが,今後の活躍次第では,近い将来代表の目もあるやも。

その後一進一退ながら,徐々に名古屋がヨンセンのポストプレーを軸に押し込む。
思えば,5月のエコパでも同じような展開だった。但しあのときはCFが古賀だったが(笑

前半28分,左からのCKを蹴った後に自分のポジションに帰らずに中盤底をウロウロしていた(笑)本田が,フリーでボールを受ける。
ルックアップした本田は右ウィングの杉本を走らすパス。
磐田左SB上田もさすがに杉本のスピードは充分警戒しており,安易に飛び込まない粘っこい守備。突破できないと見た杉本は本田にリターンのパスを返す。
このボールを悠々とワントラップした本田,その左足が火を噴いた。
25m級爆弾ミドルがサイドネットに一直線に突き刺さり,名古屋先制。

続く35分,藤田が福西に倒されて得た(しかしまだ書いてて不思議な気がするな・・)FK。
位置はゴール左,蹴るとしたらゴールを狙いやすいのは右利きの直志か。
直志と玉田がボールの横に立つ。
蹴ったのは・・・後方から走り込んだ本田だった。
低いボールがGK川口のほぼ正面に飛ぶ。
取られた,と思った刹那,何故かボールが川口の脇の下を擦り抜け,コロコロと転がりネットが揺れていた。
振り返ってオーロラビジョンのリプレイを鑑賞。目前で揺れて落ちたボールが川口の反応を誤らせている。紛れもない無回転キック。
記憶にも新しいドイツW杯で採用された公式ボール「+チームガイスト」の特性によって生まれ,猛威を奮ったこの技。
川口自身,ブラジル代表ジュニーニョ・ペルナンブカーノに決められているわけだが,まさかJリーグで,こんな早い時期にこんな若手の選手が再現してくるとは川口も夢にも思わなかっただろう。

この2点のリードで試合は完全に名古屋のペース。
磐田の織りなす「ゴールの匂いが全くしない球回し」が,つい数ヶ月前の自分たちを見ているようで複雑な気分。アジウソンも,成岡に代えてカレン,茶野に代えて菊地とカードを切るがいっこうに好転しない。

そんななか,後半22分,本田がフィフティボールに飛び込んだプレーが,走り込んできた福西の足へのタックルになってしまい,2枚目のイエローカード提示となる。
この辺りは,本職のDFでない以上,仕方のないプレーで,本田を責めるわけにはいかないだろう。
ともかく,この退場劇で本日の本田劇場は終幕とあいなった。

で,普通ならば,1人少なくなったことでピンチの連続・・となりそうなところなのだが,後半32分,玉田が倒されて得たFKを中村が蹴る。
これを,スピラールの負傷で交代出場していた秋田が魂のヘッドで叩き込んで3点目。完全に勝負あり。

その後はほぼ危なげない展開。終了間際,カレンの当たり損ないのシュートが楢崎の逆をついて1点返されたのはご愛敬だろう。


危なげなく4連勝を飾った名古屋。
しかし,今日の試合展開は,いわゆる「交通事故」が前半で2発も決まったことによって,磐田に余裕をなくさせ,これによって優勢を維持できたもの。いわば本田様々である。
その本田は次節出場停止,またスピラールも負傷してしまった。
相手は,川崎,ガンバ,鹿島と上位が揃う。
まだまだキツい戦いが続く・・・

スポンサーサイト
  1. 2006/08/21(月) 01:26:14|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5
<<J1第19節 川崎戦2-4 | ホーム | 代表,リスタートにあたって。>>

コメント

秋田のゴールは強奪でしたな。

最後競り合っているのが秋田とヨンセンの2人だけ
ってとこが笑えました。
  1. 2006/08/21(月) 20:26:45 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

あとは着実に勝ち点を重ねることです。

でもゴール裏は雰囲気は浮かれ気分な夏休み(笑)。
  1. 2006/08/21(月) 22:26:02 |
  2. URL |
  3. クロゴマ #wtcrA5jo
  4. [ 編集]

 土曜はお疲れ様でした。大事なのはこれからの3試合ですが・・・、なんか久々の「帳尻あわせ」の匂いがプンプンと。(笑) いかんいかん、もっと謙虚に!秋田闘将は絶妙のタイミングで復帰! マレクは実は「秋田闘将の穴埋め」要員だったのではと勘繰りたくなります。

 多分、シーズンが終わってから言うんだろうな。「ヨンセンが開幕からいたら・・・」とか。(笑)
  1. 2006/08/22(火) 00:54:38 |
  2. URL |
  3. ひでのり #-
  4. [ 編集]

>やすさん
でも,あの二人が競り合いながら飛び込んできたら・・・
ちょっと磐田DFに同情(笑

>クロゴマさん
足下見てない浮かれ気分は,所詮「バブル」に過ぎませんね。はじけたときが怖いのです。

>ひでのりさん
マレク今期絶望,という最悪の事態は避けられたようですね。

「うわーん降格しそうだよー何とかしてよー」
「しょうがないなあ,がいじんふぉわ~ど~」
「やっぱりフロント様は頼りになるなあ」

相も変わらぬこの構図。
ドラえもんかっつうの。


  1. 2006/08/22(火) 14:59:17 |
  2. URL |
  3. astin #-
  4. [ 編集]

「ゴール裏の雰囲気」でした。
慌ててミスしました(汗)。

名古屋は相変わらずの「ドラえも~ん!」な人任せ振りですが、今回の強豪三番勝負(川崎・ガンバ・鹿島)で一皮向けるくらいのショックを与えてもらうのも良かろうかと(笑)。
  1. 2006/08/22(火) 22:27:05 |
  2. URL |
  3. クロゴマ #wtcrA5jo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/44-1e8fc041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本田君をA代表に!

J1リーグ第18節 名古屋グランパス3-1ジュビロ磐田@瑞穂陸上競技場 不謹慎ですが、「美人秘書3-1ヘリコプター」もありかと。( ̄ー ̄)ニヤリ 痛切に感じるジュビロ磐田の弱体ぶり… (;´д⊂) 寂しさ半分、ざまぁみろ半分(爆)。 ギャグは置いとい
  1. 2006/08/21(月) 22:27:58 |
  2. クロゴマスタイル

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。