Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

J1第17節 甲府戦5-1

久しぶりに一家そろって瑞穂へ出動しました。

ハーフタイムにグランパスくんファミリー3匹しか出てこなかったんで、子どもにトラウマを与えるような事態は避けられそうだと安心していたら、試合終了と同時に超調子こいてピッチに現れたバカ息子。
お前なあ・・
そのまま勝ったからよかったものの、あの後万が一逆転負けしてたらどうするつもりだったんだ?負け試合だったらブチ切れてるとこだぞ。
帰宅後我が子に「今日最後に出てきたグランパスくんどうだった?」って聞いたら、「嫌だった・・」。
頼む。たとえ結果がどうでも「グランパスくんたちかわいかったね~」と言い合うことで癒されてきたあの平穏な日々を返してくれ・・

さて試合の方は、
いやはや、これほどまでに内容と結果が比例してないというのもモノ凄い。
バレーがいたら間違いなく違った結果になっていたはず。
点差が大きく開いた原因は、その大部分が甲府側に依拠するもの。
FW(お帰り山崎光太郎!)の決定力のなさ。
絶望的と思えるほどの選手層の薄さ(倉貫見たかった・・)
そして、何点取られてもひたすら自分たちのサッカーを遂行しようとする志の高さ・・

名古屋5点目のときの甲府DFラインの高さを見たか。
あれが4点取られてるチームの姿勢か?
僕は、「サッカーはエンタテイメントだ」と広言してはばからない大木監督のアティチュードを心から尊敬する。
あのサッカーを続けるのならば、たとえこの先負けが込んでも、再びJ2に戻ったとしても、サポの心が離れることはないのではないだろうか。

何はともあれ3連勝。
残留を目標とするチームとして何より得なければならない勝ち点という結果を得られたことは喜ばしい。
内容はひどかったが、この結果そのものが自信になってくれればよいと思う。
そしていつの日かこんなゴール祭りを、今度は単独で開催したいものである。相手は・・やっぱり赤いチームがいいなあ(笑


あ、忘れてた。
津田おめでとう!その数分前には弱気なプレーに殺意が湧いたが、よくぞ決めた。これがきっかけになるといいな。
我らが直志くんが変わったかどうかの判断はまだ保留。


スポンサーサイト
  1. 2006/08/14(月) 00:29:50|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<2006ドイツW杯旅行記(その6)~ミュンヘン編2 | ホーム | 中村直志(初)>>

コメント

お疲れさまでした。
お互い、子連れ観戦はきついよね…

甲府の志の高さは賞賛するけど、あれができるのは
うちと違って順位表の1枚目にいるからではないかと…

うちももう少し勝ち点に余裕ができればセフおじさんも
やり易くなるのでは…
  1. 2006/08/14(月) 19:13:05 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

と思ったら、勘違いだった。
うちより下だねぇ…

まあ、失うものがないところはあれでよいのでは…

でもま、おいらはインテリスタなので、
志の高さより1部に残り続けることに生き甲斐を感じて
しまうのは「イケナイことですか?」
  1. 2006/08/14(月) 19:16:37 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

>やすさん

お疲れ様でした。磐田戦は再び単独行動になりそうです。ニヤリ
甲府とは土曜日に順位が逆転したんすよ。
> 失うものがないところ
何しろ今年のキャッチフレーズは
 「Explore J1~探検J1~」
らしいですから。
たとえ,結果が出ずにJ2落ちしても客が離れていくことがないという信念を持ってサッカーやれるというのは,これは強いですよ。
今もっと下を沈んでいるチーム(うちもいつまたその立場になるかわかりませんが)は,降格によって失うものがいろいろ多いんですよね。
安易に「J2で鍛え直して」という気にはなれませんね僕も

そういや,ユーヴェをあんな形で1部から失って「イタリアダービー」ってもう言わなくなるんですかね?
  1. 2006/08/14(月) 19:47:27 |
  2. URL |
  3. astin #-
  4. [ 編集]

>お疲れ様でした。磐田戦は再び単独行動になりそうです。ニヤリ
多分、おいらもです。ニヤリ

イタリアダービーは仕方ないっすね。

まあ、おいらの夢は将来、孫に
「母ちゃん、ありがとう。おいらをレッ2゛サポに産んでくれなくて」Tシャツを着せる事ですので、
是非とも名古屋には残り続けて欲しいものです。
  1. 2006/08/15(火) 19:51:39 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/41-25d98885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。