Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1974フットボールオデッセイ

1974フットボールオデッセイ

4575298859.jpg


個人的に今もっとも信頼を置いているサッカーライター,それが西部謙司。
細かい技術論から戦術論,監督観,はたまた文化論に至るまで,実に幅広い引き出しを持ち,ニュートラルでブレない立ち位置から,読み手のサッカー観を確実に刺激してくる論評の数々を,ここ数年精力的に発表し続けている。
出す本出す本ハズレなし。今では,書店でその名前を見つけた瞬間,反射的に中身も確認しないまま買ってしまうほどだ。読んでみて後悔したことは,今のところ一度もない。

その西部の新刊は,1974年W杯西ドイツ大会の決勝,西ドイツ対オランダの一戦を題材にした本だという。
なるほど折しも同じくドイツでW杯が開催されるのに合わせた趣向か。
トータルフットボールで革命を起こした74年のオランダ代表がネタとあっては,その中心であったヨハン・クライフを永遠のカリスマと崇める1人としては読まないわけにはいくまい・・そう思って,W杯開幕前に購入。

読んでみて驚いた。
小説,しかも,歴史小説なのだ。史実を元にはしているが,人物の造作,会話などはすべてフィクションだ。もちろんそのベースには,微に入り細に入った非常に綿密な取材活動がある。例えて言うなら,司馬遼太郎だ。これ明らかに司馬の文体を意識してるだろっていう箇所もあって,清水義範のパスティーシュを思い出して笑ってしまった。

読んでいくうちにさらに驚いたことが。
この本は,オランダよりも,むしろ西ドイツの視点からあの一戦を描いているのだ。
西ドイツ信仰が優勢だったダイヤモンドサッカー黄金期ならいざ知らず,現代の日本においては(僕も含め)オランダファンの方が,西ドイツのそれよりも,はるかに数が多いはず。
この一戦についても,これまでは「破れこそしたが,真にチャンピオンに値したチームはオランダであった」的な切り口で語られることの方が多かった。
中身を確認せずに買う僕のようなおっちょこちょいはともかくとして,「トータルフットボールの隠された秘密」とか「リヌス・ミケルスの真実」とか「クライフくんと愉快な仲間たち」とかいう内容にした方が,飛びついてくるミーハーが多いだろうに,それをあえてバッサリ切り捨てるとは・・

さらにさらに読み進めていくうちに,僕は,すっかりこの面白小説の虜になっていた。
本書の主役は,クライフを封じた男,ベルティ・フォクツその人である。
あ,アナタ。今,「フォクツ~?ああ,前にドイツの監督してた,ちっさいおっさんでしょ?」と思いましたね。
喝!喝ですよ。
この本を読めば,フォクツがどれだけサッカーが下手で,どれだけイカれてて,どれだけ凄い選手だったか,そして,どれだけドイツ人に愛されていたかを思い知るであろう。

本書の主な舞台となるのは,フォクツが所属していたクラブ,ボルシア・メンヒェングラットバッハである。
あ,アナタ。今,「ああ,こないだ中澤獲るって言ってた,ドルトムントじゃなくて弱い方のボルシアね!」とか思ったでしょ!
またまた喝ですよ!
名将の中の名将ヘネス・バイスバイラーが率い,フォクツ,ハインケス,そしてかのギュンター・ネッツァーを擁して,ヨーロッパにその名を轟かせたクラブをつかまえて,弱い方とはなんです失礼な。74/75シーズンからブンデスリーガ3連覇ですよ!

まあかくいう僕も,金子達仁が折に触れあのチームは凄かったと言ってるのは見聞きしていたが,これまでは映像すらも見たことがなく,バイスバイラーがボルシアMGにおいてどのようなサッカーを指向していたのかは,頭で想像するしかなかった。
しかし,この本を読むことで,まるでリアルにそのサッカーを体験したかのような気にさせられてしまった。
これはやはり,小説という感情移入しやすい形態が成功しているのだと思う。
クライフヲタクのはずの僕が,途中から思わずフォクツを応援してましたからね(笑

登場する人物は,フォクツ,バイスバイラー,ネッツァー以外にも,皇帝フランツ・ベッケンバウアー,日本の恩人デットマール・クラマー,爆撃機ゲルト・ミュラー,弱気な監督ヘルムート・シェーン,そしてもちろんヨハン・クライフなどなど,どいつもこいつもキャラが立ってて,彼らが織りなす群像劇はほんとうに魅力に満ちあふれている。

なお,あまりにも面白い小説なので,これが完全な史実だと思いこんでしまう危険性すらあるので注意されたい。
まるで,「坂の上の雲」を読んだだけで,明治という時代がすべてわかった気になって,「本来日本人というものは・・・」とか居酒屋で語っちゃってるオヤジみたいな(爆

「なんだオランダの話じゃねーのかよ・・」と思って買わなかったというそこのアナタ。悪いことは言わない。今すぐ本屋に引き返すか,ネットで注文するかしたまえ。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金) 22:01:19|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2006ドイツW杯旅行記(その1) | ホーム | クソの役にも立たないことは分かっています。でも言わせてください>>

コメント

>清水義範のパスティーシュを思い出して笑ってしまった。

「清水義範のパスティーシュを思い出して笑ってしまった。」という箇所で「ああ、名古屋人なのだな」と感じて笑ってしまった。

....こんな感想ですいません。大学時代にクラスメイトに薦められて「蕎麦ときしめん」読んでゲラゲラ笑った記憶があります。

それはさておき、西部氏が今最も「読める」サッカーライターというのはまったく同意。「スローフット」など、何度読んでも飽きません。
  1. 2006/07/08(土) 00:32:27 |
  2. URL |
  3. オレンジな生活 #-
  4. [ 編集]

>オレンジな生活さん

「蕎麦ときしめん」読まれてましたか。
あの本は名古屋人の本質をかなり的確についています(笑
  1. 2006/07/11(火) 12:37:13 |
  2. URL |
  3. astin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/29-2b70f46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。