Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

W杯前に松田直樹がこんなことを語っていた

仕事の合間に本屋に立ち寄ったら,知らないうちに,サッカー批評31号が出ていた。
表紙には「日本サッカーの近未来を担う理論派監督 反町康治,かく語りき!」とある。
どうやら,ソリさんが語るドイツ大会大予想というのが本号の特集であるらしい。発行日からすると開幕とほぼ同時に出ていたようだ。何という迂闊! この手の記事をベスト8まで出そろった現時点で読むというのは興ざめも甚だしい。しかしまあ,だからといって毎号欠かさず読んでいる雑誌を買わないというわけにもいかないので購入。
ソリさんのW杯予想はまあ後からじっくり(意地悪く?)楽しもうと思って,一番後ろの記事から読もうとページを開けたら,そこに居た,ただならぬ眼光の持ち主。
それは,松田直樹だった。


本大会直前離脱した田中誠の代替として,ハワイで遊んでいた茂庭が呼ばれたとき,
「おい,そこはマツだろう!」という怒りの気持ちと共に,「こんな危機的状況になっても,一度嫌いになった選手は絶対に使わないんだね」という諦めの気持ちとが湧いてきた。
思えば,代表メンバー発表時のマスコミも,久保の落選&巻の「サプライズ」選出については大騒ぎしたが,松田の落選についてはまるで既定事項であったかのようにサラっと流していた。彼が既に監督に嫌われてしまっていることが周知の事実だったからか。
自分のお気に入りの選手だけ選んだ,まるで子どものママゴト遊びのような代表・・・

その松田が代表についての心中を語るインタビューをこのタイミングで載せるとは,(いろんな意味で)さすがはサッカー批評と言わずばなるまい。

記事の中では,ついこないだ崩壊したばかりの代表の守備について,だいたい予想はついてはいたが,直接聞かされるとやはり愕然としてしまう事実が,松田の口から語られていた。

まあディフェンスに関しては,練習していませんでしたからね。
ツネが中心になってやっているけど,基本的に選手の意見だけでやっているから。
ジーコって,攻撃的な選手だったから,守備のことはよく知らないのかもしれない
けど,エドゥーに任せて,何てことない練習をさせていた。



あえて「たられば」を言う。
自分が守備については素人であることを素直に認め,誰か守備戦術のスペシャリストをヘッドコーチ格でつけていれば,ファミリーではない,誰かほんとうのプロを,ライカールトにとってのテン・カーテのような誰かを・・・

松田はこうも語る。

俺の場合,まず引くんじゃなくて,前からプレスに行って,そこでボールを奪って
いくタイプなんです。でもジーコは,DFが前に行って,自陣でファウルを取られ
るのが大嫌いっていうことが,わりと最近になって分かったんですよ。



これはもしかしたら,オーストラリア戦の「魔の8分間」の謎を解くヒントなのではないか。
あれは,当たりに行けなかったのではなく,あえて行かなかったのかもしれない。
絶対にゴール前でファウルを犯したくない。
それは,フリーキックで直接ゴールを狙われるという機会を与えないがためなのだろうか。
そういえば監督は現役時代,魔法のようなフリーキックで知られていた。裏返せば,それを相手に蹴られるということに対しても,根源的な恐怖感があるのかも・・・

というように,非常に数多くの示唆を含んだインタビューなので,是非ご一読されたい。

なお,名古屋サポにとっては,スペインにわたった福田健二の現在という興味深い記事も載っております。いつか帰ってこないかな福ちゃん・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/06/29(木) 16:53:01|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<クソの役にも立たないことは分かっています。でも言わせてください | ホーム | 宿沢が逝ってしまった>>

コメント

「松田直樹を密かに応援する会」を主宰する身としてはw、ウチのストライカー古賀正紘がもっとしっかりしていれば、松田自身にとって刺激になったと想像します。

自らの行為で代表入りを閉ざした訳ですから…
  1. 2006/06/29(木) 20:12:33 |
  2. URL |
  3. クロゴマ #wtcrA5jo
  4. [ 編集]

ストライカー古賀もようやく本来の位置に戻れそうなので,心機一転がんばってほしい。
3バックみたいですが,それぞれのDFがどのように使われるんでしょうかね。
  1. 2006/06/30(金) 20:17:27 |
  2. URL |
  3. astin #-
  4. [ 編集]

ぼくもこれをたまたま立ち読みしてて、まじか!!と驚きました。
今回3バックでいくなら中沢、トゥーリオ、古賀でいってほしかったです。
  1. 2006/07/01(土) 19:27:14 |
  2. URL |
  3. 東京鯱 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/27-8ae96d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。