Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

血と黄金~タイトルについて~

ちょっと前からグランパスのゴール裏では,チームカラーは赤と黄色ということになったようだ。

この点,クラブ側の公式見解は,グランパスレッド,バーバリアンレッド,ノーブルレッド,スターオレンジなる,珍妙ユニークな色をチームカラーとしているようだが(こういうのを見ると,立ち上げ時のどさくさには広告代理店がさぞかし胡散臭い仕事してたんだろうな・・・とか想像しちゃうなあ)。

今ゴール裏でしばしば起こる「あーかいきーない」・・・じゃなかった「ロッソジャッロ名古屋グランパス」のコール。
ロッソ(rosso)はイタリア語で赤,ジャッロ(giallo)は黄色,すなわちサポは「俺たちのカラーは赤黄だ」と叫んでいる。

それが全てのサポのコンセンサスを得ているのかどうかはともかくとして,現在のゴール裏は,赤黄を自らのチームカラーと定めたようである。
最近のマフラーのデザイン等を見ていると,クラブもそれを微妙に追認してきているのかなと思っていたのだが,現行のユニのデザインから黄色が完全に排されたところを見ると,マーケティング方針が統一されているわけではないようだ。


さて,突然だが,フランスにも赤黄のクラブがいる。
それが本ブログのタイトルである「Le Sang et Or」すなわち「血と黄金」の愛称で呼ばれるRCランスである。

フランス北部,パリからTGVで1時間のところに位置するランスは,かつて炭坑町として栄え,この町をホームとして1906年に創設されたフットボールクラブRCランス(Racing Club de Lens)は,「炭坑夫が流した血」と「炭坑がもたらした黄金」とをそのカラーとしている。そのカラーが意味するところは,重い。
※RCランスについては,JPモアン氏のこちらの記事に詳しい。

炭坑で栄えた町は,やがて,ご多分に漏れることなく衰退した。
現在の人口はわずかに3万5000人,98年W杯会場の一つであったと言われても,容易には信じられぬ小ささだ。
RCランスのホームであるスタッド・フェリックス・ボラールの定員が4万2000人くらいだから,スタジアム収容人数よりも市の人口の方が少ないのだ。

そんなRCランスは,過去一度だけ,フランスリーグを制したことがある。
炭坑として栄えていた時代ではない。ついこのあいだ,97-98シーズンのことである。
在籍していたのは,ユーゴスラビア代表アント・ドロブニャクに,チェコ代表ウラディミール・スミチェルに,カメルーン代表故マルク・ヴィヴィアン・フォエに,フランス代表フレデリック・デウに・・・。
その後,地方の中小クラブが大都市のビッグクラブを出し抜いて好成績を挙げた場合の常として,チームは解体。
※ドロブニャクといえば,Jリーグでは(後にガンバ大阪に在籍)パッとしなかった選手だが,このシーズンのRCランスでは14得点20アシストとまさに大黒柱の活躍で優勝に貢献している。

炭坑業はかつて花形産業であった。そこに従事する者たちは血を流し,代償として黄金を得た。
やがて町は,炭坑とともに衰退していった。
衰退後,RCランスは,以前にも増して,生活に苦しむ市民の心のよりどころとなったであろう。
そしてクラブは,その思いを受けて,創立から92年目のあのシーズンに優勝し,市民の心のなかに,栄光の血と黄金の日々を一瞬蘇らせたのである。

ひるがえって,我が町,我がクラブを見る。
現在の花形産業,我が町を富ませている産業は何か。そう,自動車である。そして,自動車産業に従事する者たちは,かつて炭坑で働いた者たちと同様に,日々「血」を流し,代償としての金を得ている。この町は,今まさに,栄光の日々を送っているようである。
自動車産業がやがて炭坑と同じ運命をたどるかはまだわからぬし,いわゆる大都市である我が町と地方小都市とをひとくくりにはできないのは勿論である。

しかし,これだけは言える。
勝利するフットボールクラブというものは,大きな求心力を持って,市民にとっての誇りのよりどころとなり,その有形無形の力を集約し,そして勝つのである。
そのとき,その町は,市民は,真にクラブの勝利を希求しているのである。

今勝てないとしたら,それは,町がそれを真に望んでいないからなのかもしれない。
現状を見る限り,その思いが熟するまでは,ちょいと時間を要しそうだ。


RCランスは優勝するまで92年かかった。
いま,「血と黄金」を象徴する二つのカラーを称えるサポよ,その覚悟はできているのか?

・・・というような思いで付けてみたタイトルであります。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/02(日) 21:34:58|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<J1第6節 浦和戦0-0 | ホーム | 開設。>>

コメント

初めまして(笑)

随分とマニアックな方ですね。マニアックといえば当方、全国に30人ほどしかいないと言われている某ホーリーブルーのクラブのサポです。たまには笠松にも来て下さいね。
  1. 2006/04/12(水) 23:11:23 |
  2. URL |
  3. 埼玉在住水戸サポ #-
  4. [ 編集]

御挨拶…

ブログ開設おめでとうございます。

でも本当に街の全ての市民とまではいいませんが、名古屋グランパスのリーグ優勝を本気で欲している市民が増えない限り難しいかもしれませんね。
その気持ちが街中に充満する日が果たして来るのか… といったところでしょうか?

  1. 2006/04/13(木) 00:24:47 |
  2. URL |
  3. クロゴマ #wtcrA5jo
  4. [ 編集]

父「四月から東京に引っ越しだよ。」、子(五歳)「じゃあ強いから浦和を応援するよ!」 もっと魅力あるクラブになってほしいです。
  1. 2006/04/13(木) 00:30:37 |
  2. URL |
  3. 世田谷区グラサポ #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

>埼玉在住水戸サポさん
初めまして。いくらなんでも全国で30人ってことはないでしょう。50人はいると思います。


>クロゴマさん
早速ありがとうございます。
クロゴマさんほどの頻度はぜったいに無理ですが,ぼちぼち更新していきたいと思います。

>世田谷区グラサポさん
お子さんにはこのイングランドの格言を送りたいです。
~車も家も、妻でさえも変えられる。しかし、好きなチームだけは変えられない。~
  1. 2006/04/13(木) 01:09:09 |
  2. URL |
  3. astin #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/2-ddb66ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。