Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

08J1第21節 A神戸戦@ホムスタ

かつて,不世出の天才レスラーブル中野はこう言った。

セックスと同じじゃないかな。途中で何度もイキそうになりながら、フォールを奪ったときに、ファンと一緒にイク。それがプロレスです


そして,サッカーにもまたその要素を持っていることを感じさせてくれる試合がある。
神戸戦はそういう試合であった。

決定的なシュートを打っても打っても入らない。
それによってフラストレーションが極限まで膨れあがり,
スタジアムに鬱屈したエネルギーが充ち満ちる。
そのプロセスを経たからこその,最後の最後の大爆発。
その瞬間のエクスタシー。
これは間違いなくサッカーの本質の一つだ。

マス・フットボールの時代は,どちらかが1点取ったらそこで終了だったという。
それゆえ,なるべく長い間プレーを楽しむことができるように,
わざわざ点を入りにくくするルール(e.g.オフサイド)が設けられた。

サッカーは,その起源からして,ゴールが入らないことによるストレスを
本来的に内包しているのである。
この不条理なるスポーツにおいて,ゴールが入ったことで得られる喜びは,
ゴールが入らないことによって被るストレスのまさしく対価である。

もちろん現在のサッカーは1点先取ではなく,
90分という時間制限もあるので,
ストレスしか得られないで終了してしまう試合もまた多い。
いや,それがほとんどだと言ってもよい。

しかし,まれに,このような至極のエクスタシーを味わうことができるゲームが存在する。
神戸戦はそういう試合であった。
一度でもこういう気持ちを味わってしまうとサッカー観戦は麻薬となる。

確かに,客観的に見れば,決定力が足りなかったから無闇にもつれてしまっただけのこと。
だが,あの日あの場所に集ったサポにとっては,
外れたシュートの一つ一つが,試合を構成する不可欠の要素であった。
ヨンセンが外し,
玉田がシュートを逃げ,
マギヌンが鮮やかすぎる宇宙開発,
そのすべてが爆発的なカタルシスへの布石であった。

たまにこういう試合がある。
これがあるからスタジアム通いはやめられない。


さて,次はいよいよ鹿島。
直志と吉村に追い越す動きが戻ってきたので,おそらくいい試合になります。
歴史の歯車を動かせ。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/19(火) 18:33:49|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<08J1第22節 A鹿島戦@カシスタ | ホーム | 08J1第20節 HFC東京戦@瑞穂>>

コメント

神戸遠征お疲れさまでした!
何はともあれ・・・羨ましいです!!!

鹿島戦、今年は何か起こりそうな気がしてます。
いや、毎年そんな気分ではあるんですけど(汗)、今年はより一層。
  1. 2008/08/21(木) 00:33:45 |
  2. URL |
  3. blaze #xNmdTEHo
  4. [ 編集]

>blazeさん

その鹿島戦の後にコメントの返事を書くという
間抜けなことになってしまって申し訳ありません。

この神戸戦の勝ち方があったからこそ
鹿島で勝てるという勇気をもらったのではないかと
いうのは後付けでしょうか(笑

普通の1-0、あるいは追加点取っての2-0、3-0であったなら、
カシスタの連敗は続いていたような気がしています。
  1. 2008/08/27(水) 11:12:47 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/166-de52313a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。