Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩満レポートの価値

まあ、サポティスタで紹介されて初めて知ったくせに偉そうなこと言うな俺、
という話ではあるが・・・

現名古屋広報岩満太一が、
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科において、
あの平田竹男教授(言わずと知れた元通産官僚にして元JFA専務理事)
の元で研究した成果をまとめた
2006年のレポート
「名古屋グランパスエイトにおけるトリプルミッション悪循環に関する研究」
は、はっきり言って、
全名古屋サポ必読だぞ!

代表候補合宿の話題なんかで浮かれてる暇があったら
これ読んで頭を冷やすべき。

特に前半の歴史部分を熟読すれば、
暗澹たる気分になって背筋が涼しくなること請け合いだ。
さてそれで熱帯夜でも寝られるかというと、
今度ははらわたが煮えくりかえってきてかえって逆効果であろうが。
冗談はさておき、
この部分は筆者が相当長い時間を費やして準備したであろうことが伺える、
素晴らしいまとまり具合である。
このまま「グランパス20年史」に採用してしまって構わないぐらいだ。

これさえ読めば、
中位力と揶揄されるようになって以降サポとなった若人にとっても、
なぜ、我々のクラブがこのような道を歩んできてしまったのか、
その歴史的必然を理解する助けとなるであろう。
その意味だけにおいても、この岩満レポートは非常に意義深いものであると言える。

このレポートの内容は、どこをどう切り取ったとしても、我々にとって非常に耳に痛いものである。

名古屋グランパスは93 年のJリーグ開幕時からリーグに参加する10 クラブの1 つであ
るが、その中でJリーグ主催のリーグ戦、カップ戦において優勝経験が無い唯一のクラブ
である。


観客動員数は年々減少を続けており、それに伴って入場料収入も減少している。
そして05 年の『Jリーグスタジアム観戦者調査報告書』(J リーグオフィシャルサイト)
によると、無料招待券の大量配布で観客減少を食い止めようとする施策を行っているが、
観客は減少を続け効果をあげることができていない。


さらに名古屋グランパスは、シーズンチケット保有者が、スタジアムに来場した観客が
(引用ママ)12.5%の割合でJ1所属18 クラブ中最下位であった。


名古屋グランパスの観戦者は「サッカー観戦が好きだから」、「好きなクラブの応援に」
や「好きな選手の応援に」という観戦動機における順位が、J リーグ参加クラブの中で
最も低かった。



今チームの内容が好転している状況において、あえてこのような暗部を覗くことを
厭う方も多いであろうと思う。

しかし、目を背けてはならぬ。
これこそが我々自身の姿なのだ。
それは決して断絶された過去ではなく、
紛れもなく現在へと続く連鎖である。
醜いからこそ、それを直視することが我々に課せられた責務である。

そして、今、クラブが、そして我々自身が果たして変わりゆくのかどうかを
冷徹に見極めていくことも。

自分としては、このような貴重な研究をものした人材が
現在スタッフとしてクラブに加わっていてくれることを頼もしく思うし、
それこそが変わろうとするクラブの決意を象徴しているのだと、
そう信じたい。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 21:49:15|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<08ナ杯QF2ndLeg H千葉戦@瑞穂 | ホーム | 08J1第19節 A川崎戦@等々力>>

コメント

読みました。 雪解け水を浴びたようなものです。
確かにアベショー代表候補選出で浮かれている場合ではありません(笑)。
思っていたことを代弁してくれている…
見事な論文です。

管理人様が切り取った4項目の4つ目…
濃尾平野でエルゴラッソが販売されない理由は大本営の圧力以前にサッカー(スポーツ)文化の脆弱さが原因だということをどれだけの人が気付いているのか?

名古屋が犯した罪は重い…
歴史から反省し学ぶ事が出来る…
  1. 2008/08/01(金) 00:01:57 |
  2. URL |
  3. クロゴマ #wtcrA5jo
  4. [ 編集]

初めてJリーグ観戦に行ったのは、’94年の晩秋、長良川での清水戦でした。
当時中学生だった僕は試合後の「西垣辞めろ」コールを聞いて、
それ以来西垣さんについて悪いイメージしか持っていませんでした。

・・・西垣さんが居なかったら名古屋グランパスエイトは生まれなかったんですね。
すいませんでした。
(昔話、失礼しました)


この先いつか久米GMもミスターも去ってしまっても、決して揺るがない「理念」のあるクラブになれるのか。
共に歩む我々も忘れてはいけない課題ですね。
  1. 2008/08/01(金) 02:05:30 |
  2. URL |
  3. blaze #xNmdTEHo
  4. [ 編集]

サポも毎年総括もせずに次ぎに進んで
前年までの事をすっかり忘れ、怒りも表さず
自虐的にせせら笑ってるだけだからね
クラブだけの責任とは到底思えない。

この常に受身で民主導になれない愛知の県民性
にも大いに問題あるでしょ、官僚的トヨタに
すがってるだけだから、これはサッカーだけに
とどまらないよね。
  1. 2008/08/01(金) 14:31:29 |
  2. URL |
  3. ブン太 #-
  4. [ 編集]

>クロゴマさん

今後岩満くんが
名古屋の観客という魔物
にどう立ち向かっていくのか,
その闘いにも注目せざるを得ません。

それは,
この街のサッカー文化がどう成熟していくか,
という人間学のフィールドワークでもあって。
  1. 2008/08/11(月) 18:41:43 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

>blazeさん

>’94年の晩秋、長良川での清水戦でした。

おお,それは9連敗中の8連敗目ですね。
あのころは次から次へと試合があったので転がり落ちるのが早かったなあ。

私もこのレポートを読んで,
西垣氏だけはチームを私物化してもよかったのではないだろうか,と思ってしまいました(笑
  1. 2008/08/11(月) 18:45:49 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

>ブン太さん

コメントありがとうございます。
与えられたものを食って文句言っているだけの存在には成り下がりたくないものですね。

自分の目で見て
自分の頭で考え
自分の言葉で叫ぶ

そうありたいと願っています。
  1. 2008/08/11(月) 18:49:01 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/163-d68da5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。