Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

08J1第15節 A新潟戦@スワン

一方的に押されているわけでもない、
いやむしろ押している時間帯が多い展開で、
被シュート20本というのはちょっと打たれすぎだ。
しかも前半のうちに既に12本。
この打たれ方は一体どういうことか。
守備についてちょっと考察してみる。

おそらく鈴木監督から指示があったのであろう、
新潟のシュートは最初から明らかに「早撃ち」だった。
セントラルMFとDFラインの間のスペース、いわゆるバイタルエリアで
前を向いてボールを持ったら、余計な手数をかけずにすぐミドルシュートを打つ。
何故早撃ちするかは明らかだ。ぐだぐだキープしているとアイツが、名古屋の#7が来るのだ。
「ナカムラが来る前に打て」というわけだ。
新潟のシュートの多くは枠を大きく外れる、
可能性の薄いものであったが、
名古屋DFに対しての一定の心理的効果はあったと思われる。

それが証拠に、
前半途中からバイタルエリアでボールを受けようとする新潟選手に対して、
バキや増川がかなり早めにラインブレイクして潰そうとする場面が多く見られるようになる。

シュートを打たれるということ自体DFにとってはイヤなものだ。
そもそも守備というのはシュートを打たせないというところから
逆算しているようなところがあるのに、
あれだけバカスカ打たれまくったら気持ち悪いに決まっている。
それ故、バイタルエリアから早めにシュートを打とうとする新潟選手に対して、
ラインをブレイクしてでも早めに潰すことを意識したプレーが多くなるということも理解できる。
しかし、ここでの「潰し」は、
一発で潰せないと大きなピンチを招くという点でギャンブル的な要素が大きいプレーだといえる。
そして、増川にしてもバキにしても、スピードこそあれ、
アジリティという面ではやはり厳しいと言わざるを得ない。。
一発で潰しに行ったところを細かくボールを動かされたり、体を入れ替えられたりして
かわされ、より危険度の高いシュートを打たれるという場面が次第に目立つようになる。

結果的に前半ではゴールを許さなかった名古屋だが、
新潟がここで張っておいた伏線が後半につながる。

新潟先制の場面を思い出して欲しい。
松下のヘディングのシーン、中央にバキがいない。
竹内が絞らざるを得なかったことで、
松下は十分すぎるスペースを大外に得て思い切り走り込み、
悠々フリーでヘディングを決めている。
このときバキは何をしていたかというと、
それに遡ること数秒前、
まさにバイタルエリアでボールホルダーを潰そうとして失敗し、
新潟右サイドにつながれ、慌てて持ち場に帰ろうとしている最中であった。
そしてボールを受けた新潟右SB内田潤は、
名古屋の中央守備が整っていないと見るや、狙い澄ましたアーリークロス。
あれをファーまで持って行かれた時点でほぼ勝負あり。

そう、文字通り「釣り出された」このバキのプレーこそが、
新潟の張った「早いシュート」という伏線の効果であった。
その後の新潟の勝ち越し点は、はっきり言ってアンラッキーが二回連続で続いた形だ。
むしろ問題とすべきは上記した先制点の場面である。

バイタルが空くという構造的欠陥をどう埋めるかという命題を与えられた名古屋の守備。
相変わらずCBの一発に賭けるのか。
ディレイしてMFの救援を待つという常道で行くのか。
はたまたシステムをいじってくるのか。

次節、魔術師フランサを前にしてどう修正してくるのか楽しみである。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/08(火) 15:14:07|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<平尾誠二のJFA入りに思う | ホーム | 08ナ杯QF1stLeg A千葉戦@フクアリ>>

コメント

「直志、消えてんなぁ・・・」と思いながら試合を観てたんですが、
ちょっと謎が解けたような感じです。

1失点目はバキが出て潰せなかったんでヤバイと思ってたら見事にそこを突かれましたね。
あれは潰せなかったことがダメなのか、出て行ったこと自体がダメなのか、
もしくはその穴をカバー出来なかったのがダメなのか・・・。
ピクシーはどう判断し、どう修正して来るんでしょうね。
  1. 2008/07/08(火) 22:49:27 |
  2. URL |
  3. blaze #xNmdTEHo
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/07/08(火) 22:55:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

直志が鬼のように戻ってきて守備をするという場面自体を作らせないようにしてましたね

バキのあのプレーの当否はなかなか難しいですね。
少なくとも言えることはあのプレーで竹内のことを責めることはできない。
ボールウォッチャーになったと書いてる方がおられましたがそれはちょっと酷やろと。
  1. 2008/07/11(金) 00:33:25 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/155-09d399f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

”THE HOTTEST SEASON” ’08J1第15節 新潟2-1名古屋@ビッグスワン

詳しくは[http://www.so-net.ne.jp/grampus/result/2008/0705/result.html こちら] 今回は試合展開は割愛させていただきます。 ひとつ言えるのは、この2-1というスコアは内容に対してまあ、正当だと。 感想を思いつくまま。 &#039;&#039;&#039;?...
  1. 2008/07/08(火) 22:50:57 |
  2. 鯱生活 -DAWN AND GONE-

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。