Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

08ナ杯予選A組第6節 アウェイ浦和戦@さいたま

相手GKのやや稚拙な技術にも助けられ,
結果5ー1という予想外の大差となったこの試合。
名古屋の3点目はなかなか無理としても,
1点目と4点目,もしかしたら2点目も,
J1のレギュラーGKなら防いでいたのではないか。
プロ6年目にしてこの日でようやく出場2試合目というのは,
ちょっと気の毒というかなんというか。
ほぼ同等の実力を誇る都築と山岸が同年の30歳という状況においては,
3rdGKの育成というのはなかなか難しいミッションではあるが・・・

さて,その名古屋3点目は,阿部翔平のプロ入り初ゴール。
J随一といってよい精度を誇るロングキックがついにゴールに結実した形。

ゴールも勿論よかったが,
阿部がこの試合で光り輝いたのはその卓越したゲームメイク能力。
広い視野とセンスから繰り出される長短のパスで自在に前線の選手を操り,
正確無比のサイドチェンジで曲面を打開する。
それを支えているのは,やはりロングキックの距離と精度だ。

サッカー選手は,そのキック力分の視野しか持ち得ない,と言われる。
視野が広いから遠くまでパスを飛ばせるというわけではない。
遠くまでキックできる能力があるから自然と視野が広くなるのだ。
そして,
誰よりも遠く,誰よりも正確にボールを送ることができる阿部翔平という選手は,
やはり誰よりも遠くを見据えているのである。

市立船橋高校時代は,左SBでありながら背番号10を背負って仕切っていたらしいが,
さもありなん。
そのときから,きっとこんな風にあの位置からゲームを組み立てていたのであろう。

阿部にゲームメイクさせるというのはチームとしても約束事になっており,
セントラルMFの直志や吉村も,
とにかく受けたボールを簡単にさばいて阿部につけるということを心がけている。
一度右に動かすのも,阿部に時間とスペースを与えるための前振りであることが多く,
とにかく阿部を起点にすることがファーストチョイスとなっている。
まるでかつてのイングランド代表がほとんど全部ベッカムを起点としていたように,
今の名古屋は阿部を起点にしている。
その意味ではベッカムなのは竹内ではなくむしろ阿部なのだ(笑)

攻撃面で物足りなさが残ると言われているセントラルMFの2人だが
(それでも直志はこの試合前半決定的なラストパスを小川に二度送り,
うち一度がゴールに結びついているのだが),
もし,それがシンプルなプレーばかりで意外性に欠けるということならば,
それはそれが彼らの仕事ではないからだ。
それは,左サイドバックの仕事なのだ。
今の名古屋においては。

各選手が使えるスペースが極端に狭くなった現代サッカーにおいて,
攻撃時もっともスペースを与えられるサイドバック。
そこでゲームメイクできるというのは監督にとって非常に魅力的なプランである。
(セフが本田を左サイドバックに起用した意図も無論ここにある。)
しかし,それを可能にする選手というのは,そうめったにいないのである。

阿部は,名古屋でゲームに出だした当初は,
DFであるにもかかわらずむしろ守備面で課題が多かった選手であった。
とにかくタックルが軽く,簡単に裏を取らせてしまう場面が目に付いたがしかし,
そのゲームメイク能力は,
多少守備には目をつぶってでも起用したいほどの十分な魅力を持っていた。

その阿部は今,
3バックの左で起用されるという経験を経て,
粘っこく,人に強い守備を自分のものとし,その課題をも克服しつつあり,
今,ピクシーによって,間違いなくチーム戦術の基盤に据えられている。


攻守両面において充実のときを迎えつつある
異端のゲームメイカー,
名古屋#6,左サイドバック阿部翔平。


岡田監督,いかがですか?
スポンサーサイト
  1. 2008/06/11(水) 20:57:50|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<08J1第14節 H鹿島戦@瑞穂 | ホーム | ワールドカップ2010 アジア3次予選 アウェイオマーン戦>>

コメント

今、壊されちゃかなわんし、
うちが一つでもリーグのタイトル獲ってからね…
  1. 2008/06/11(水) 22:41:24 |
  2. URL |
  3. やす #-
  4. [ 編集]

名古屋の弱点として、阿部のバックアッパーが見当たらないことが挙げられています。
とにかく今季は怪我しないでほしい!
  1. 2008/06/12(木) 00:26:36 |
  2. URL |
  3. ピクシー信者 #-
  4. [ 編集]

ベッカムの裏側

拝見させていただきました。
またお邪魔します。
  1. 2008/06/12(木) 21:29:29 |
  2. URL |
  3. ベッカムの裏側 #-
  4. [ 編集]

阿部から名古屋の攻撃のスイッチが入るシーン、今季は特に良く見ますね。
清水戦の小川のゴールとかFC東京戦の杉本のゴールとか。

左利きの左サイドバックが代表に一人も居ない現状ですが、
阿部の姿は岡ちゃんのメガネにちゃんと映っているのか心配です(苦笑)
個人的には右に長友、左に阿部が見てみたいですね。
  1. 2008/06/12(木) 22:35:01 |
  2. URL |
  3. blaze #xNmdTEHo
  4. [ 編集]

アベショーは予選要員ではなく、本大会要員で召集されて欲しいものです(笑)。


既に岡ちゃんはアベショーに目をつけているはずですよ?

自称全身バネで疲れにくい体質かもしれませんが、いずれ疲弊するか、出場停止の危機が訪れる事を念頭に入れるとすれば、渡邊が間隙を縫うように補って余る活躍を祈りたいところです。

充実しすぎてリスキーな面が薄れてしまっているのが寂しいですが(笑)。
  1. 2008/06/12(木) 23:34:58 |
  2. URL |
  3. クロゴマ #wtcrA5jo
  4. [ 編集]

>やすさん
もしアベショーが代表入ったら
移籍前から既に完成されていた玉田や楢崎とは比べものにならないほど嬉しいんだがなあ・・・

>信者さん
確かに,プランを一から構築しないといけませんからな。
しかし彼のバックアップになりうる選手は他チームを探しても見あたりませんね。
その換えの利かなさぶりはまるで往年のドゥトラのようです。

>裏側さん
ベッカム自体とは関係ない話で相済みませんw


  1. 2008/06/19(木) 18:30:07 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

>blazeさん
小川がどこに走ってもピタリと届けますよね。
エレガントなスタイルの割に上下動にも十分耐えられますし。
駒野を左で使うくらいなら・・・

>クロゴマさん
ガラスのクロッサーですね。>ナベ
彼が出てきたらまた違うサッカーになるんでしょうが,あのクロスはまた魅力なんだよなあ
  1. 2008/06/19(木) 18:42:25 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/151-39fe105d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。