Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじめて。これから。

本田圭佑の移籍が正式に決まった。
名古屋は創立以来はじめて,自前で育て上げた選手を海外へと送り出すことになる。

ずっと,
名古屋は才能の墓場だと罵られてきた。
選手の才能を腐らせることに関してはあそこは天下一品だと。
小倉隆史。
古賀正紘。
宮原裕司。
伊藤卓。
福田健二。
原竜太。
あれほどまでに期待された選手たちは,それぞれの事情で,入団前の輝きを失い,やがてチームを去っていった。

そして,まがりなりにも代表にまで育てたあの三人組を自ら放逐したということも,「名古屋は選手を大事にしない」という印象を,結果的にではあれ,強めてしまった。

そんな名古屋が,はじめて,
才能を腐らせることなく育て,無事に,送り出すことができた。
これは画期的なことだ。

戦力的には痛い。

痛いがしかし,長期的視野に立てば,この経験は必ずプラスになる。
名古屋なんか行っても試合に出してもらえずに潰されるだけと,入団に二の足を踏んできた高校生・大学生たちに対する,またとないアピールとなるはずだ。本田が辿った道のりに憧れる選手もきっと現れるだろう。
本田がヨーロッパで活躍すればするだけ,その効果はさらに上がる。
逆に,ポシャってしまわれると,また辛くなる。

だから本田よ。10年後,20年後に入団する選手のためにも,どうか頼む。
それがお前を愛した俺たちへの,何よりの・・・
スポンサーサイト
  1. 2008/01/18(金) 12:14:23|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<NE DAJ SE, PIKSI! | ホーム | JUST GEDO>>

コメント

少なくとも小倉隆史は、代表で大怪我をしたことで、輝きを失った、というのがサッカー界の評価ではなかったでしょうか。
  1. 2008/01/19(土) 23:18:34 |
  2. URL |
  3. #mUdH2EdM
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

おっしゃるとおりです。
しかし,あのとき名古屋のチームドクターが下手な手術をしてしまったこともまた事実であり・・・

名古屋でなければ,もっと輝いた,と言いたいのではありません。
なぜだかわからないけど,今まで名古屋ではあまたの才能が潰れてきたという結果論です。
  1. 2008/01/21(月) 21:39:51 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/122-f57672f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。