Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

J1第17節 鹿島戦1-2

またも・・・ またも負けたか鯱八聯隊・・・

このブログで折に触れ書いてきたように,
僕は,昨季からのセフ政権下において,少しずつこのクラブのあり方が変わりつつあるように感じています。
もしこのクラブを完全にブレイクスルーさせる何らかの契機があるとすれば,
それは鬼門カシマを突破するということをおいて他にはない。
その姿をこの目で見届けたい。
もしも初勝利を見逃すようなことがあれば,その後一生後悔して過ごすことになるでしょう。
僕は決めました。
行こう。あの漁業と工業と剣豪の国へ。

僕にとってリーグ開設15年目にして初めてのカシマ遠征でありました。

さてこの遠征は,後輩のMくんと落ち合うところから始まりました。
通常なら東京駅からバスに乗り込むべきところ,何故か山手線で秋葉原へ向かう僕。
Mくんがどうしても車で乗せていくといってきかないので,しょうがなく彼の住んでいるつくばへと向かうのです。
アキバ発つくばエクスプレスに揺られること45分。
田園・森林地帯の中を05年8月開業の高速鉄道が突っ走る実にシュールな光景。

万博記念公園駅でMくんと合流。
Mくんは去年の「納涼漢祭り」(※注:水戸サポにとっての年間最大のイベント。興味あったらぐぐってみて下さい。別にぐぐらなくていいですけど・・・)のときに買ったという,
背中に「漢」と染め抜いたかなりイタイ半纏で登場。
駅前の岡本太郎作モニュメントとあいまって,
思わず目の奥の方に鈍痛が走ります。

Mくんの車に乗り込み,ナビに表示された到着予想時刻を見ます。
え~2時間もかかんの?ほんとに同じ茨城県なのかよ・・
気がつけば雨まで降り出しています。

途中で昼飯を食ったりしつつ,延々と下道を行きます。
途中のロードサイドにはほとんど何もありません。
西部劇のような荒涼とした光景が広がります。
阿見→美浦→稲敷と霞ヶ浦の南岸に沿って東進し,橋を渡って潮来へ。

ははあ,
ここが「潮来の韋駄天」杉本恵太を育んだ水郷・潮来か。
しかし,あやめまつりには脇目もふらず,通り抜けます。キックオフ時間が迫っているのです。

もう一つ橋を渡り,いよいよ鹿嶋市へ。すぐ大きな森が見えます。
ははあ,
ここが「剣聖」塚原ト伝が千日参籠して秘剣「一の太刀」を開眼し,その弟子上泉伊勢守信綱も修行に励んだという鹿島神宮か。剣豪小説好きにはたまらんのう。
もう少し時間があれば,
「アントラー」の元ネタであるここの鹿の角をちょいとヤスリで削り取って持ち帰り,
ブラジル呪術マクンバの秘儀に使ってやるのであるが,うーむ無念也。


さすがに近づくにつれちょっと渋滞してきましてやきもきしますが,

シュール!シュール!シュール! 何とか30分前には駐車場に入れ,スタジアムへ。

うーむ。我が豊スタにも言えることだが,

あめが降れば~ おがわができ~ これ最初に作ろうって言い出した奴アホやろ。いい意味でだが

いざアウェイゴール裏スタンドへ。
雨でもカシスタは屋根があるから安心と思ってたのに・・


磯なひとびと 1階には届いてねえ~

さて,そうこう言ってるうちにもう試合です。
ジョンウさんが有給休暇を取られているので,直志が久々のスタメンかなと思ったら,
やっぱりベンチです。うーむ。
スタメンは,
GK楢崎,DF右から大森,米山,阿部の3バック。
MFはボランチに吉村と山口慶,左に本田,トップ下に俊哉,右に津田。
そしてFWはヨンセンに片山。
スギスタメン落ちか。
怪我もあるんでしょうが,最近プレーに閉塞感があることも無関係ではなさそう。

前半はほぼ名古屋ペース。水曜日の清水戦の前半が嘘のようだ。
片山がヨンセンの周りをよく動き,起点になる。
吉村,慶は堅実なプレーで本山,野沢をほぼ封殺。
人間離れした跳躍力を誇る田代相手に阿部で勝負になるのかよと心配していたが,
おお何とか競り合っているではないか。
イヴァン・ハシェックにでも習ってきたのか?
津田も,右サイドで仕掛け,ヨンセンにクロスを供給するという,与えられた役割を十分にこなしている。
心配なのはむしろプレーに迷いが見える本田。
ボール受けてからこねくり回したあげく,結局阿部に下げ,そこにプレッシャーにいかれてしょうがなく阿部が蹴り出すというシーンが目立つ。
たまに仕掛けても鹿島右SB内田篤人に無難に抑えられる本田。
おいおいどっちが五輪代表だよっていう話だよ・・

しかし,展開はおおむね名古屋ペースのまま前半終了。
ゴール裏からは大拍手。
これならば,最低勝ち点1は・・・

後半も攻める名古屋だが,
絵に描いたようなカウンターであっさり失点。得点者増田。
しかし阿部起用して3バックで行くんなら,1~2失点は折り込み済みのはず。
さあこっからだ!と思った矢先,
セットプレーから,いつの間にか何かショーン・マイケルズみたいなロンゲになっているマルキーニョスに拾われて,ループを決められる。2-0。人生は厳しい。

名古屋は杉本,渡邊を投入。直後,杉本のクロスをヨンセンが決めて1点差。
直志も投入しイケイケの猛攻を見せる名古屋だが,肝心のシュートが枠外かソガ正面の二択では・・
俊哉のヘッドは半分ガッツポーズしかけたのですが・・・


リーグ15回目の,公式戦21回目の敗戦。
クロゴマさんすいません,漁民の旗が何本か数えるには心の余裕が足りませんでした。


簡単にまとめてしまえば,ほぼ試合を支配しながら,弱い方のチームにカウンターとセットプレーで負けた試合。
弱いチームでも勝てるというのがサッカーというスポーツのもっとも面白いところであり。


せっかく鹿島での試合なので,無理無理剣術の話に例えてみますが,
今回の試合は,名古屋が自分のリズムで攻め立てながらも,
一瞬鹿島に「拍子を合わされて」斬られてしまった仕合いのように思います。
柳生但馬守宗矩が「兵法家伝書」に記したところの,「拍子にあへば、敵の太刀つかひようなる也」というやつです。
鹿島は伝統的にこうやって勝つのが上手い。


これを打ち破るには,いわゆる「無拍子」の極意しかない。
すなわち,
「拍子がちがへば、敵の太刀つかはれぬ也。敵の太刀のつかひにくき様に打つべし。つくるもこすも、無拍子にうつべし」
ですな・・・って誰がついてきてるんだこの話題。

名古屋の今の攻撃パターンは良しにつけ悪しきにつけ,極めてオーソドックス。
加えてリズムまで一本調子になってしまっては,やはり止められてしまう。
組織の中にあって異分子となり,他人と違うリズムを刻める存在,それは本田圭佑をおいて他にないと僕は思うのですが。
もっと個性を出してかまわないのにと,今季の彼には歯がゆい思いを感じています。

とにかく負けたんで,とっとと退散だーい。
来年見てろよこんちくしょう。

スポンサーサイト
  1. 2007/06/27(水) 09:33:32|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<J1第18節 甲府戦1-1 | ホーム | J1第16節 清水戦1-2>>

コメント

いつも楽しく拝読しています。
通りすがりの『とうもろこし食い損ねた』年増です(わーん)

2002年のための、『最悪な』改装のせいで
あそこの屋根は最後段3列くらいしか覆わない役立たず。
しかも、カシマの試合はしょっちゅう雨が降るという…
よって、わしらは場所取りのために1時間半前には到着してます。

さて、一度、あの人外魔境にいらしたからには、きっと
『こうなったら意地でも初勝利は見逃せねぇ』
…と、なってしまわれてると思いますので、
勝つまではastinさんもぜひ『皆勤』なさって下さいませ。

  1. 2007/06/27(水) 22:40:49 |
  2. URL |
  3. vidreirato #XMatgrFs
  4. [ 編集]

海外渡航、ご苦労様でした(笑)。
漁民の旗は数えてなかったのですか。(´・ω・`)ショボーン
試合前に、( ̄О ̄)♪かしま~か~しまあ~あ~あ~… なんていうお経のように長い歌を鹿島サポは歌っていたかと思いますが、実はあれ、名古屋に対して呪いをかける呪文なのです(爆)。

鹿島宗派の総本山に赴くたびに、名古屋系宗派には平然と冷たい仕打ちをしますな。(´・ω・`)
  1. 2007/06/27(水) 23:18:54 |
  2. URL |
  3. クロゴマ #wtcrA5jo
  4. [ 編集]

>vidreiratoさん
ようこそです。
「人外魔境」
まさに!
あそこで勝つためには自ら冥府魔道に入らねばなりますまい。
死ねぬ・・・うぬを倒すまでは死ねぬ!

>クロゴマさん
旗の件,面目次第もございませんm(_ _)m

呪い・・・
名古屋のゴール裏に決定的に欠けているもの,それは相手を呪う力かもしれません。
審判に対する怨みつらみ言ってる暇があったら,
相手を呪い殺せと言いたい。

おのれ鹿島め~
こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か

エコエコアザラク エコエコザメラク エコエコケルノノス エコエコアラディーア・・・
  1. 2007/06/28(木) 20:54:28 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

はるばる鹿島国遠征、お疲れ様でした。
私は、3回(4回だったかな?)行ったことがありますが、なぜかいつも雨。
そして、モツ煮を食べずにはいられない寒さ。
そして、帰りは真っ暗。

今は、生きている間に、カシマで鹿島に勝つのを見届けたいという思いでいっぱいです。
  1. 2007/06/28(木) 21:55:18 |
  2. URL |
  3. のすけの母 #lli.r0dY
  4. [ 編集]

遠征お疲れ様でした。

昨日やっと試合の映像を見るに至ったのですが、
「勝敗をゴールの数以外で決めるなら勝ってた」試合だったという印象を受けました。

勝つって大変ですね・・・。

>人間離れした跳躍力を誇る田代相手に阿部で勝負になるのかよと心配していたが,
>おお何とか競り合っているではないか。
>イヴァン・ハシェックにでも習ってきたのか?

この部分にニヤリとさせられました。
  1. 2007/06/29(金) 02:01:43 |
  2. URL |
  3. blaze #xNmdTEHo
  4. [ 編集]

>のすけの母さん
僕も生きているうちに見たいです。
勝つならもう大勝するしかない気がしますな。
誰かハットトリックするくらいの。

>blazeさん
そこでニヤリとしていただけるのはこちらもニヤリとします。
どうしても小ネタを仕込まずにはいられない性分なので・・
  1. 2007/07/02(月) 21:06:55 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/110-30029867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

漁民の旗は何本だったのでしょうか?

J1リーグ第17節 名古屋グランパス1-2鹿島アントラーズ@鹿島サッカースタジアム 母ちゃん、また駄目だった… _| ̄|○ もう慣れっこだから驚かないよぉ!('A`) これで公式戦21戦21敗。ペプシカップを含めれば、22戦22敗の記録継続中… (ノ∀`)アチ
  1. 2007/06/30(土) 09:57:25 |
  2. クロゴマスタイル

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。