Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

J1第9節~11節 無理矢理一言でまとめてみる

第9節大分戦1-2


「1-1から先にゴール取れなかった時点で負け」



第10節磐田戦0-1


「一発のカウンターに沈むのはポゼッションサッカーの宿命」



第11節横浜Fマリノス戦2-0


「早野・・・m9(^Д^)プギャーーーッ」


省エネのためこれだけで終わろうかと一瞬思ったが,
さすがにあんまりなのでもうちょっと書く。
痛恨の三連敗を喫したGWではあったが,
 柏戦・・・力負け
 大分戦・・・自滅
 磐田戦・・・不運
という感じで,それぞれの試合内容には浮き沈みがあった。
とくに磐田戦は,ゲームのほとんどの時間を支配しながら,太田&カレンの一発に泣くという,一昔前の両者の対戦ならば考えられなかったような展開だった。
個人的には「この磐田戦の内容ならば,それほど悲観することはなく,やり方を変える必要もない」という感触をもっていた。

だが,ここでチームを待っていたのは,ナビスコ杯予選リーグ鹿島戦の惨敗であった。

この結果を受けてセフはついに改革を決断する。
4-4-2へのシステム変更,これに伴い,戦術も4-4守備ブロックからのショートカウンターへ。

これが当たった。
まあ,当たったのはセフの手腕というより,杉本を擁する名古屋に対し,必要以上に高いラインを保ち,結果として広大なスペースを与えてくれた敵指揮官のおかげというべきである。

とにもかくにも,この試合で名古屋はギリギリで蘇生した。
正直,あの山瀬功治のPKが決まっていたら,どうなっていたか・・・

現状,昨年のドン底状態ははっきりと抜けた。
しかし,上位進出をうかがっていくためには,「運」の要素に頼らざるを得ない,
まだまだその程度のチームである。
そして必ずまだまだ伸びしろがある。

我々サポは,
勝った負けたという表面的な結果や,審判の判定云々といった上っ面の事象に決して惑わされてはならない。
長期的視野をもって,チームの本質をしっかりと見据えていかなければならない。
改めて考えさせられた5月前半であった。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/21(月) 18:33:31|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<J1第12節 浦和戦1-2 | ホーム | 続・ドーピング報道に思う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/102-0798b1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。