Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・ドーピング報道に思う

川崎・我那覇のドーピング問題については,以前のエントリーにおいて,
とくに「正当な医療行為」性の認定という問題を中心に疑問を呈しておいた。
その後,この問題についての突っこんだ報道などがなされることはなく,
我那覇及び川崎に対する処分が決定したことで,この事件は何となく収束していくかに思われた。

しかし,ここに来て,ドクター側からの反撃が始まったようだ。
一番詳しく報じているスポニチの記事を引用する。

全31チームドクターがJに抗議

川崎Fのドーピング違反問題について、Jリーグ全31クラブのチームドクターが18日、連名でJリーグに異例の抗議を行った。体調不良のFW我那覇和樹(26)がにんにく注射の成分が入った点滴を受けたことに対し「正当な医療行為」の説明が不十分だったJリーグ側に問題があったと指摘。後藤秀隆ドクター(39)の治療をドーピング違反とする処分を不服として、再考するよう求めた。

(中略)

4月23日の練習後に38度5分の熱と下痢、食欲低下の症状が見られた我那覇は、にんにく注射の成分でもあるビタミンB1が含まれた点滴を後藤ドクターから受けた。その行為が今季改定されたドーピング規程違反の静脈注射に当たるとして、Jリーグは川崎Fと我那覇に処分を下し、後藤ドクターの処分は川崎Fに委ねることを決めた。

(中略)

だが、1月21日のドクター連絡協議会で、青木ドーピングコントロール委員長は「風邪などの場合にビタミンの入った点滴を打つのはいい」と説明。各チームドクターから「処分はおかしい」という声が相次いだ。文書では「連絡協議会でのJリーグの説明は不十分。後藤ドクターが処罰されるのは極めて残念」と、リーグ側にも落ち度があったことを強調。連絡協議会の議事録の公開を求めて拒否されたこともあり、一方的な処分の流れに医師仲間の不満が爆発した格好だ。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/05/19/01.html


筆者が前回のエントリーの際,もっとも疑問を感じたのは,
「Jリーグによると、事前に申告していれば正当な医療行為と認められた可能性はあった」
という点についてである。

当初この件が報道された時点で,我那覇は風邪気味であり,
そのためにニンニク注射を受けたという事実も既に報じられていた。
筆者は,この報道から,川崎のチームドクターは明らかに医療目的をもってこの注射を使ったのではないかと推測した上で,
(※今回の報道で実は「注射」ではなく,点滴による静脈内注入であったことが判明したが)
それについての事前申告がなかったからと言って,一切「正当な医療行為」とは認められないというのは何故なのかという点に大きな疑問を感じたのである。
もし,
 ドクター及び選手の側に医療目的があり,
 客観的に医療行為であることを実施して,
 結果的に治療効果を発揮した
にもかかわらず,
そのことを事前にリーグに申告しなかったという手続違反ただ一点によって,「正当な医療行為」ではないとされてしまうというのは,
相当に大きな不利益をドクター及び選手に科すことになるのではないか。
そして,適正手続の観点からすれば,かように大きな不利益を,ドクター及び選手に甘受させるためには,
その前提として,リーグによる,
「たとえ医療目的で医療行為を行ったとしても,事前の申告がなければ,絶対に『正当な医療行為』とは認めないから,絶対に事前申告をしなければならない。事後に申告してきても絶対に受け付けないからそのつもりでいるように」
という説明がなされていることが必要ではないのか。
そのような説明は果たしてなされていたのか?

リーグ側は今回の件に関し,「規約改正については再三説明している」の一点張りであって,
筆者としても,そこで具体的にどのような説明がなされたかの情報は得られなかったため,
具体的説明内容とその過不足にまで踏み込んだ記述はできなかった。

しかし,今回のチームドクターからの抗議は,まさにこの点についてのものであった。
スポニチ報道によれば,チームドクター側は,1月21日に開催されたチームドクター連絡協議会においては,
「健康な選手に対するビタミン投与のみを目的とした静脈注射が禁止行為で、病気の選手に対する点滴治療でビタミン剤が同時に投与されることは適正な治療であり、ドーピング違反にならないと認識していた」
というのである。
この場において,Jリーグドーピングコントロール委員会の委員長を務める青木治人・聖マリアンナ医科大学長は,「風邪などの場合にビタミンの入った点滴を打つのはいい」と発言したとのこと。


もっとも,この発言及び今回の質問内容によって明らかとなったのは,単に,リーグ側が,
・「健康な選手に対する静脈注射によるビタミン投与」=禁止行為
・「病気の選手に対する静脈内注入(いわゆる点滴)の際のビタミン投与」=正当な医療行為
という峻別を示したという事実に過ぎない。
筆者がもっとも問題視しているのは,
たとえ後者であっても,事前申告を怠ったことによって「正当な医療行為」になりえない場合があるという点についての説明の有無である。

すなわち,上述した,
「たとえ医療目的で医療行為を行ったとしても,事前の申告がなければ,絶対に『正当な医療行為』とは認めないから,絶対に事前申告をしなければならない。事後に申告してきても絶対に受け付けないからそのつもりでいるように」
という説明はなされていたのかどうなのか。

この問題の本質ははっきりこの部分にある。
この点がはっきりしない限り,今回の事件について正確な判断を下すのは困難である。

Jリーグがこの点についての説明義務を果たそうとしないのであれば,
チームドクターの側から更なる声をあげて欲しい。

今回の事件は決してこのままうやむやになって良いことではない。
各マスコミにおかれては,その社会的責任を再び自覚され,
この問題についての引き続いての突っこんだ取材・報道をなされることを期待してやまない。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/21(月) 12:29:03|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<J1第9節~11節 無理矢理一言でまとめてみる | ホーム | J1第8節 柏戦0-2>>

コメント

追記:
もう一つ疑問に感じているのは,Jリーグの公式発表
http://www.j-league.or.jp/release/000/00001701.html
において言われている,
「緊急かつ合理的な医療行為」という概念との関係であります。

これは,たとえ事後申告であっても,これらの緊急性及び合理性が認められれば,「正当な医療行為」と認められた余地があるということを示しているのでしょうか。
だとすれば,僕が本文に記載したような,事前に申告しなかったのでアウトというわけではなく,
申告が事前だろうが事後だろうが,
「緊急かつ合理的な医療行為」でない限り「正当な医療行為」とは認められないというわけでありましょうか。

だとすれば,ここから先は手続論ではなく,むしろ
医学上の問題に入っていってしまうわけで,
素人としてはなかなか口を出しにくくなっていくのですが・・・
  1. 2007/05/21(月) 17:20:31 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

TBどうもです

はじめまして。遅れましたがTBどうもです。一連のドーピングの件、toroneiさんの「昨日の風はどんなのだっけ」つながりで、こちらに辿り着きました。
関係者(Jリーグ・各クラブ・ドクター・選手)の、変更したルールへの対応遅れや、マスコミの取り上げ方、全体としてのドーピング問題の本質への理解不足が今回の事を招いていると思います。
互いのミスはミスとして潔く認め、本質を突いた議論や改善(今後2度と起こさない為にどうするか)にしていってもらいたく、今はなりゆきを見守っているところです。
(Jリーグ側(鬼武チェアマン)は昨日、ドーピングコントロール委員会の青木委員長に医師側意見の検討を依頼したようです)

私も、自身のブログで引き続きエントリーして意見を出したいと思っていますが、うやむやにせず、本質を突いた議論が今後出る事で、関係者やマスコミ・サポーターを含めた皆の意識向上を願う気持ちは、astinさんと同じだと思っています。
  1. 2007/05/22(火) 05:29:14 |
  2. URL |
  3. UJ #-
  4. [ 編集]

> UJさん

ご丁寧にありがとうございます。
ブログ自体しばらく更新できずにいたので,
遅ればせながらのTBでこちらこそ失礼しました。

この問題については,川崎サポ以外のところから,あえて声を上げていかなければならないと考えています。
対岸の火事ではありえない問題です。
  1. 2007/05/22(火) 09:05:00 |
  2. URL |
  3. astin #t1xMek0c
  4. [ 編集]

こんにちは。
足跡から参り、この記事見たのでコメントさせていただきます。
私はフロンターレを応援する者としてこの件は大きな疑問を感じておりました。
チームドクターとはなんなの?医者じゃあないの?
医者の判断でした行為が医療とは認められないのでは、チームドクター何にも出来ないんじゃ?っと。

ここに来て31クラブドクターが連名で質問書を出したとの記事を見て正直嬉しかったです。
もし、今回の件が違反行為だとリーグ側が言うのであれば、今後は各クラブにはチームドクターとリーグドクターもいるようにしなければ選手に対する即応治療が出来ないことになると考えております。

今回の責任がフロンターレ及び選手、関係者に全くなかったとは言いませんが、規則があって基準がないのでは現場では混乱するばかり。
リーグの再考を願ってます。
  1. 2007/05/22(火) 11:48:51 |
  2. URL |
  3. なかよし さんま #9enIUaYc
  4. [ 編集]

はじめまして。
>「緊急かつ合理的な医療行為」という概念との関係であります。
>これは,たとえ事後申告であっても,これらの緊急性及び合理性が認められれば,「正当な医療行為」と認められた余地があるということを示しているのでしょうか。
>だとすれば,僕が本文に記載したような,事前に申告しなかったのでアウトというわけではなく,申告が事前だろうが事後だろうが,「緊急かつ合理的な医療行為」でない限り「正当な医療行為」とは認められないというわけでありましょうか。

おそらく、「緊急かつ合理的な医療行為」の認定基準が事前と事後で違うのだと思います。事前なら我那覇の風邪程度でも認めるけど、事後ならもっと症状が重くなければ認めないということなのでしょう(そうしないとリーグ側の説明が矛盾する)。
  1. 2007/05/25(金) 14:16:08 |
  2. URL |
  3. してはだ #ZtIHjH4g
  4. [ 編集]

 Jリーグでは選手数人に ガトームソンもひっかかった 飲む育毛剤を内緒で承認してるそうだよ。

まあいい加減な組織だわな。

  1. 2007/09/29(土) 10:58:40 |
  2. URL |
  3. サブ #-
  4. [ 編集]

Jリーグの過ち

「緊急かつ合理的、、」は2006年の規定で
2007は「合理的、、」だけになっている。
この時点でJリーグは誤って運用していたことになる。

また「緊急」の文言がなくなった理由が「現場の医師の判断に委ねられるべき」だからである。

そうするとJリーグの理屈は 最初から間違っていたわけだ。
厳格なドーピング規定を誤ったまま運用し 裁いたというのは決して許されることではないはずだ。
こんなことがまかり通るJリーグはなんと恐ろしい機関だ。
北朝鮮やちょっと前のイラクと同じスタイルなのだ。
しかし このような組織はやがて潰れる定めにあるのだ。
  1. 2007/10/29(月) 16:52:02 |
  2. URL |
  3. ごろー #-
  4. [ 編集]

紹介します

川崎フロンターレ・ドーピング事件を検証して日本に正しいアンチ・ドーピングが実現することを願うHPが立ち上がりました。参考にしていただければ幸いです。
http://sportsassist.main.jp/antidope/top/
  1. 2008/01/01(火) 03:08:05 |
  2. URL |
  3. 願う会 #ncVW9ZjY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bloodandgold.blog62.fc2.com/tb.php/101-9e39d722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。