Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

08ナ杯予選A組第4節 ホーム浦和戦@豊スタ

まずは,
「使ったら休ませる」のが大原則のはずの天然芝にとっては,
前日の代表戦との連日開催という無謀とも言える日程,
かつ可動式屋根の故障による,大雨のダイレクトな影響と,
極めて困難な条件設定にもかかわらず,
この試合に素晴らしいピッチコンディションをもたらしてくれた
豊田スタジアムのグラウンドキーピングスタッフに
心からの敬意を表したい。
フジ739のリポーターによると,
この日の整備は,代表戦終了後から実に朝4時までかかったという・・・

かつてあれほどまでにひどかった豊スタの芝が,
いま,このような悪条件にも耐えうるほどの強さと美しさとを保てるようになったこと,
これはひとえにスタッフの不断の努力のたまものである。
名も知らぬスタッフ各位に対し,個人的心の表彰状を送りたいと思う。

願わくば,
某味ナントカスタジアムのように,
ライブ開催のようなサッカー以外の事象によって,
スタッフの日頃の努力が無に帰されるようなことがないことを。


さて試合である。

いきなり浦和の中盤の守備,ユルユルである。
キャプテンのくせに試合前打ち合わせに参加せずにポジションに着こうとした
直志(笑)と比べてもひどいユルさである。
プレスも何もあったもんじゃない。
はっきり言って山田さんはいるんだかどうだかわからず,
ウッチーはそのあおりを食って一人で右往左往しているがまったく機能していない。
で,右ウィングで攻撃的に起用されているはずの岡野が後ろに引っ張られていき,
結果サイドがスッカスカである。

名古屋の予想スタメンは,巻佑樹の1トップに杉本右サイドMFのマギヌントップ下だったが,
はじまってみるとマギヌンは完全にサイド,杉本と巻とで2トップである。
もしかすると浦和のユル守備を見て,
これならマギヌンサイドで大丈夫とのベンチの判断があったかもしれない。
ご存じのとおり,マギヌンは,
プレッシャーを受ければ受けるほどどんどん球離れが悪くなっていくという悪癖を持っており,
その逆に,プレスがユルいときのマギヌンはべらぼうに強い。もう手が付けられない。
マギヌンに自由を与えないのが名古屋とやるときの常套手段で,
最近は1トップ下で広範囲に動くことでそれを避けてきたのであるが・・
ゲルトともあろう者が,研究不足も甚だしい。

で,
名古屋1点目。
CK崩れ。
蹴ったマギヌンに戻ってきて,右サイドからのクロス。
いいポジション取りをしていた増川が胸で落とした浮き球を,
巻佑樹が相手DFを封殺しながら右足インサイドトラップ一発で転がし,
間髪を入れずにアウトサイドで小川に落とす。
フットサルのピヴォでも十分務まるほどの素晴らしく繊細なポストプレー。
受けた小川,
自分のポジションがGK山岸にとってブラインドになっているという絶対的優位を生かし,
確実にグラウンダーでゴールマウスに流し込む。ボールが枠に行った時点で勝負あり。


そして
名古屋2点目。
ちょっと!堤くん!
いや,言い訳はわかるよ。
あそこでマギヌンに中に切り替えされてシュート打たれる方が嫌だって言うんだろ?
カウンター受けてのスクランブルですぐスライディング行っちゃったので,
ボックス内に名古屋FWが入ってきてるか確認してる余裕がなかったしな。
でもねえ,あの間合いだったら,もういないのと同じだわ。
ゴールと相手とを結ぶ線上に立つっていうポジショニングの基本はどうした?
一体あんた何年DFやってんの?っていう・・・


一方,
浦和1点目。
何回カットしてもなぜか山田さんにボールが戻っていくという
不思議な現象から達也につながれゴールを許したわけだが・・・
おい!増川!
あれはダメだろう!

別に,お前に中途半端に当たっちゃったから西村が逆取られたとか,
そういう結果論で責めてるんじゃない。問題はそこじゃない。
なぜ自分の右側から打たれたシュートを左足でブロックに行った?
もちろんお前の利き足が左なことはわかってるが,
シューターに背中向ける形になっちゃって切り返しに対応できなくなるし,
何より届く距離が短くなるから,逆足でのブロックはダメって
コーチから口酸っぱく言われなかったのか?
あの場面,右足でシュートブロックに行ってたら間違いなくもっと厚く当てられたはずだ。
それでもやっぱりあのゴールは決まってたかもしれん。
しかし,DFとしてベストなプレーを選択したけどそれでも決められたというのであれば,
こんな風な文句は言われないはずだ。
一層の精進を望む。


そんで,
名古屋3点目。
思わずゴール裏2階から転がり落ちそうになるほどのゴラッソ。
この先何年か伝説的に語り継がれるであろうアンビリーバブルな一撃。
これを生で見たことで,
よし,なんとしても準決勝まで行って巻佑樹にニューヒーロー賞を取らせてやろう
と思ったのは筆者だけではあるまい。(まだ資格あるよね?)

その前のプレーは小川の読み勝ち。
いったん岡野との競争になりかけたが,
さすがに先には追いつけないと見るやコース取りを変えて外にふくらむ。
岡野は追いついた瞬間サイド方向へクリアするであろう,あわよくばそこをカットしてやろう
という明確な意図の元に。
自軍のゴール方向へ向かってプレーする選手の追いつめられた心理状況を読み切ったクレバーなプレーはぴたりとハマり,
岡野のクリアを身体に当ててキープすることに成功。
悠々ルックアップして,どフリーの巻佑樹を発見し丁寧なクロス。
あそこで巻佑樹があれだけフリーでいられたのは,
岡野がボールに追いついてクリア体勢に入ったことで
浦和DF陣の集中が切れていたのではないか。
「切れ!よし!・・あれ?切れてない,ていうか,取られてるよおい」という・・・


ハーフタイム。
最敬礼で巻佑樹を迎える我々。


後半,浦和は4バックへ。
サイドの大穴が修繕され,ようやく守備らしくなる。

序盤,達也の抜け出しからのシュートをゴールポストがセーブ。
このプレーで達也の足がつってしまい,以後まともなプレーが不可能に。

そんな中でも
浦和2点目。
CKの守備,アウトスイングのボールでニアサイドのゾーン外側を使われると手も足も出ないという,
千葉戦で露呈した弱点をまたしてもつかれ,ウッチーに綺麗な得点を決められる。
西村は地面を叩いて悔しがっていたが,
あれはGKの責任じゃない。むしろ構造的欠陥と言うべきものだ。
少なくともゲルトが名古屋のことをまったく研究していないというわけではなさそうだ(笑


再び1点差となるが,ここからは総合力の勝負。

ここで名古屋はマギヌンに替えて深井。
杉本が右へ張り出て深井が左,巻佑樹がセンターの3トップ。
中盤は米山をアンカーにして直志,小川の逆トライアングル。
バルサの,というか,オランダ伝統の4ー3ー3だ。
3トップにした狙いは,
浦和が4バックにしたことにより生じたDF間のギャップを
両ウィングのスピードでつかせるというところか。

一方の浦和は足が限界の達也に替えて原口,
というやむにやまれぬ交替で,名古屋のポジティブな志向の交替とはここで差が付いてしまう。

ベンチの意向を受けて左ウィング深井のドリブルがサイドを蹂躙しだす。
リードはわずかに1点しかないが,
浦和がどんどんメンバー落ちしていったこともあり,まったく怖さは感じない。

さらに,米山に替えて久しぶりの山口慶。
ハーフタイムの練習でものすごいゴールを決めており,コンディションはかなりよさそう。
危なげなくアンカーの仕事をこなす。

そしてここで名古屋はとどめを刺すべく杉本に替えて津田。
完全に浦和を呑んでかかっている選手起用である。


そしてそのとおり
名古屋4点目。
浦和のパスミスからのカウンター。
深井→巻佑樹→山口慶→津田と流れるような展開。
とくにノールックかつワンタッチで,
走り込む津田の足下にピタリと流した慶が凄い。
ボール受ける前に津田の裏取る動きを確認しているからこそ。


4-2でお祭り終了。
久しぶりに,
「名古屋の場合,浦和からは3点以上取らないと勝ちとはいえない」
という自主的ノルマを達成しての快勝。

ついうれしくて沢山書いてしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) 19:32:14|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

08キリンカップ・日本×コートジボワール@豊スタ

チケット?ねーよ!

大人しくTV観戦。しかも録画したのを10時くらいから見出すという・・・

玉さんのスライディングボレーよかったね!
あれがもっとGKの股をスカっと抜けたらもっと気持ちよかったけど,贅沢は申しますまい。
その後もキレまくりのプレーを見せ,見ているこっちがおい怪我しやせんかとヒヤヒヤするほど。

しかしこの試合何より凄かったのは
相手FKのときに壁の位置が違うっつって修正しようとすんだけど声援が大きすぎて壁に入ったDF陣に聞こえなかったもんだからポストをスパイクでガンガン蹴ってその音で振り向かせた楢崎ね。

今シーズン,
クロス婆さんとともにお世話になり続けている豊スタのポストさんに対してあの仕打ち(笑

はっきり言って萌えでした。
  1. 2008/05/29(木) 19:10:08|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

08J1第13節 アウェイ札幌戦@札幌ドーム

今さら感満載ながら
先週風邪引いて更新しそこなってた札幌戦の記事から書きます。

しかし
ひどかったすね前半。
もしかすると今季最低のパフォーマンスじゃないでしょうか。
何度TVに向かってリモコンを投擲しかけたことか・・・
そして宮澤のスーパーなゴールが決まった瞬間、
はっきりと「負け」を意識しました。

相当に鬱々した気分でハーフタイム。
こりゃ三浦俊也の思うつぼだぞ・・・

ところが
後半早々、マギヌンの唐突なゴールが。
「あーよかった。これで少なくとも負けはない」と何故か確信。
ホっとしすぎて思わず涙が出たほど。
それだけ精神的に追い込まれてたんだなあ。と。

この試合、途中投入の杉本が流れを、みたいな評価になってるけど、
間違いなく言えるのは、あのマギヌンの流れ無視の同点ゴールがなければ、
あの流れにはなっていなかったということ。
あのゴールこそが札幌の選手の心を折り、名古屋の選手を奮い立たせたと
言ってもよいはず。

今季の、基本的に組織力でサッカーしている名古屋にあっても、こういう、
問答無用の個人能力にモノを言わせなくてはならない場面てのはこの先も
絶対出てくるだろうなあと思う。

ところで
勝ち越しゴールの場面、杉本の短い距離の突破に堀池から「巧」がついてましたが、
あの相手に一瞬正対して重心を後ろにかからせて横に抜くという間合い、
あれは僕の貴重なネタ元である蹴球計画さんが最新エントリーで紹介されている
テクニックの前半部分に他なりません。
後半部分の軸足抜きシュートまでスギが覚えてくれたらいいなあ。
  1. 2008/05/28(水) 02:48:01|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

08J1第12節 ホーム神戸戦@瑞穂

寒すぎるわヴォケ!

そりゃ防寒用に買っといた焼酎もあっという間になくなるわ!

雨の日にミドル打たんでどうやって点取るつもりだ馬鹿!

客少ないからってグダグダ省エネすんな馬鹿!

もう何でもいいからシュート打て馬鹿!



・・・と罵り続けているうちに
いつの間にか90分経ってしまった試合でした。
久しぶりに(笑

この「久しぶりに」ってところが重要です。
そういえば12節まで2位確保できましたね。

また頑張りましょうね。
  1. 2008/05/12(月) 12:50:15|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

08J1第11節 アウェイFC東京戦@味スタ

タマギワって言いますよね、球際。
球際に強いプレー、とか。

あれ、元は野球用語なんですかね。
野球で使う場合は、
内野手がショーバンだとかイレギュラーだとかを確実に捕球する、
みたいなイメージですよね。
やっぱアライバは球際つえーな、とかね。
いずれにしてもそこでイメージされるのは「ボールに向かったプレー」です。

ひるがえって、
サッカーにおいて、
球際に強いプレーっていうのは何を指すだろうか?

ついつい、「球」という言葉に惑わされそうになるのですが、
サッカーでいうところの、球際に強いプレー、
その対象となるのは、ボール、ではない。
むしろそれは「相手の身体」です。

もちろん、
そのプレーの最終的な目標は、
相手のボールを奪う、あるいは、
フィフティボールを自分のボールにするということにあります。
しかし、そのためにしなくてはならないこと。

それがいわゆる、ボディ・コンタクトです。
相手が保持しているボールを奪い取るため、
相手の身体とボールとの間に、自分の身体をガツンと入れる。
上体だけで行くのではなく、腰・下半身を踏み込む。
相手の動きをブロックし、封じ込め、はじき飛ばす。
いったん自分のボールにしたからには、決して奪い返されない。

相手と入り乱れた状況においてボールを奪い合うという、
この競技の本質ゆえの身体と身体のぶつかりあい。
古来大衆(マス)フットボールの時代より脈々と流れるDNA。

サッカーにおける球際に強いプレー、
それはボールではなく、人に強く行くプレー。

今年の名古屋を支えているのも、やはりこのプレーであったということを
思い知らせてくれたのが、この日のFC東京戦でした。

(おいようやく試合の話かよ。前置き長すぎるよ)

名古屋選手の、
火が出そうにハードなボディ・コンタクトが、次々と東京のボールを奪い取っていく。
その中心であったのは、やはり中村直志。
「読み」でのボール奪取にかけては斯界の第一人者である今野泰幸の存在を霞ませるほどの、
鮮やかなボディ・コンタクトによるボール奪取。

単純にフィジカルが強い、というにはとどまらない、あの絶妙のタイミング、身体の使い方。
それを可能にする持久力、そして何よりもアグレッシブな意志の力。

サッカーはボールを奪わなければ攻撃ができないのだ、
ボールを奪うためには身体を張らねばならないのだ、
ということを改めて思い出させてくれる中村直志のプレー。

今日、本屋をのぞいたら、
サッカークリニック6月号」の特集が、奇しくも、
「ボールを奪いにいく!」だったので、ついつい買ってしまいました。

サッカークリニック6月号


巻頭インタビューは、キム・ナミル。
ボール奪取ということにかけては、アジアが世界に誇るタレント。
そのナミルがボールを奪うために大事なことだと考えていることは、

「相手とぶつかることを厭わない闘志」

・・・やっぱりそうなんですよね。


この試合で、左SB長友佑都を5分間「壊し」たのも、
杉本の身体を張った球際のプレーでした。
前半13分、羽生が左サイドに振ったボールに全速力で追いついた長友、
突破を警戒して少し間合いを取った杉本でしたが、
サイドラインを割りそうになったことで長友のコントロールが少し乱れると見るや、
すぐさまアタック。腰からハードにコンタクトして長友のボディバランスを一発で崩す。
長友必死で杉本のシャツを引っ張って持ちこたえようとするが哀れ転倒、
ここで右手を変な形で地面に突いてしまい肘を痛めてしまう。
シャツを握られ続けていた杉本も倒れて、長友のファウル。

その長友の治療中に杉本の決勝点。
長友としては踏んだり蹴ったりでしたが、
結果的にあの流れを生んだのも杉本の闘志あふれるボディ・コンタクトでした。

直志のみならず、
今年の名古屋のサッカーは、この闘志に裏付けられているからこそ強い。
逆に、ここで腰が引けたりしたらやられてしまう。


さて次節は、
そのキム・ナミル擁する神戸。
神戸とは既にナ杯で二度やってますが、いずれもナミルは不参加で、
今回が初対戦。
正直神戸移籍後まだあまりパッとしていないナミルですが、その能力は疑うべくもない。

直志とナミル、どちらがより闘志を見せてくれるか。
実に楽しみであります。
  1. 2008/05/09(金) 00:38:11|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

08J1第10節 ホームガンバ戦@豊スタ

なんだかなあ・・
前の記事のコメント欄にも書いたんですけど。

あの杉本の抜け出しからのクロスバー見たときとか
「あっこりゃいつでもガンバ殺(ヤ)れるわ」とか思いましたよね。

ああいうときに「遊ん」じゃうんですよね、
強くないチームって。
猫が獲物を殺さずにオモチャにするみたいな感じで。「嬲る」んですよ。
なんか無意味にドリブル突破したりして。
楽しいんでしょうね。やってる方とすれば。
で、サポもそれを喜んじゃったりして。

しかし、ああいうところでこそ必要とされるのはやはり、
ウサギを狩るときにも全力で行うという獅子の心。
とくにこのウサギは、バレーという毒の牙を持ってるのですから。

あそこで、
サイドからクロス、シュートという本来の姿を忘れてしまった、
このチームが払った授業料、
そんな感じの試合でした。

この授業料に意味があるかどうか、
それは我々次第です。


最後に、
あんないざこざの後とは思えないほど落ち着いたジャッジを見せてくれた
主審西村雄一に「巧」!
  1. 2008/05/07(水) 18:16:17|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この週末問われているもの

3/ 8 J1#1 千葉 H ▲0-0
3/12 ACLチョンブリH ▲1-1
3/15 J1#2 磐田A ○0-3
3/19 ACL 全南A  ●4-3
3/30 J1#3東京VH ●2-1
4/ 2 J1#4 大分 A ●2-1
4/ 5 J1#5 清水 H ●2-0
4/ 9 ACLメルボルンA●4-3
 ↓
4/13 J1#6 新潟 H ▲2-2
4/19 J1#7 鹿島 A ▲0-0
4/23 ACLメルボルンH●2-0
4/27 J1#8 神戸 A ○1-2
4/30 J1#9 大宮 H ○2-3


・・・明らかに疲れている。守備はもともと崩壊している。


今こそ我々は,
溺れる犬に石を投げなくてはならない!

問われているのは,
瀕死の相手を無意味に生きながらえさせるのではなく,
介錯することでこれ以上の苦しみを止めてあげるという優しさだ。


週末,ガンバ大阪を「殺」せ。
  1. 2008/05/01(木) 16:57:29|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。