Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バタバタですな

名古屋新監督 ストイコビッチ氏消滅…ドワイトコーチ昇格有力

まあ報知ですが・・・

この展開でいきなり
山東の監督引っこ抜いてきたら神フロントなんだが。
ありえんか。


※以下は以前某所に書いた記事

中国超級・山東魯能泰山と,それを率いるリュビシャ・トゥンバコヴィッチ監督。

その名を聞いて苦い思いを感じるとしたらきっとマリノスサポだろう。
2005年のACL,マリノスは山東魯能にホームでもアウェイでも負け,予選リーグ突破を果たせなかった。
あのどう考えても八百長な得失点差で敗退した前年とは違い,この対山東戦2連敗での敗退は,いたくマリサポのプライドを傷つけ,そのチームの名は彼らにとって忘れられないものになった(はずだ)。

あのときも山東を率いていたのはトゥンバコヴィッチだった。
92年から10シーズンにわたって名門パルチザン・ベオグラードを率いて,ユーゴリーグを闘って6度も優勝に導いた,名将の中の名将である。
ちなみにトゥンバコヴィッチの前任のパルチザン監督は,我らがイヴィツァ・オシム。
ペジャ・ミヤトビッチを育てたのがオシムだとすれば,
若き日のサボ・ミロシェビッチや,マテヤ・ケジュマンの才能を開花させたのがこのトゥンバコヴィッチである。

パルチザン時代から,ユーゴ/セルビア・モンテネグロの代表監督候補に推されることいくたびか,
しかし何の因果か04年から,はるか中国にわたって山東魯能の監督に就任し,今日まで監督を務めている。

ネルシーニョが名古屋の監督を退任してゴタゴタしていた05年秋頃,
「山東魯能からトゥンバコヴィッチを強奪しる!」
と僕は一人で騒いでいたのだった。
(しかし,千葉から強奪するのはダメで,中国からならいいとは,我ながらまったく得手勝手な話ではある・・・)

しかし,僕の声はまったく名古屋のフロントには届いておらず(当たり前か)
結局来たのはヒゲのオランダ人であった。

日本での知名度が異常に低いトゥンバコヴィッチ。
ウィキペディアでパルチザンを引いて「歴代監督」の欄を見ても名前すら載っていない・・
しかし,この稀代の名将が,すぐ隣の国にもう4シーズンもいるということを,頭の片隅には入れておいた方がよいだろう。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 14:53:09|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は清水戦だというのに

ついつい気の迷いで,先日Jリーグから発表された
2006年度(平成18年度)Jクラブ個別経営情報開示資料
なんぞにしばし見入ってしまいました。

我が名古屋は,
営業収入38億0100万円で,浦和,Fマリに続き堂々の第3位です。
もっともそのうちの大部分は22億5500万円という多額の広告収入に依るものでありまして,
営業収入に占める広告収入の比率はじつに59%。
それに比べて,入場料収入の比率は,わずかに16%です。

 どうせ俺たち~
 広告で食ってる~
 客が来ようが来るまいが~
 そんなの関係ねえ!そんなの関係ねえ!
 はい,オッパッピー!
  (※このギャグが神速で風化することは覚悟の上(笑

まあそうは言っても,以下のように,
浦和と瓦斯と新潟以外のほとんどのJ1チームが似たり寄ったりの状況にあるのですが・・・
(※[その他]の収入にチームごとにかなりブレがあるので分析に困るんですよね。
[その他]って一体何なんでしょうか?物販ですか?
鹿島のグッズがそんなにバカ売れしてるとは思えませんが。
いわゆる親会社の損失補填もここに入ってるのかな?)

    広告収入 入場料 
浦和   32% 36%
Fマリ   55% 18%
名古屋  59% 16%
磐田   52% 15%
鹿島   37% 18%
ガンバ  51% 15%
F東京  37% 23%
清水   41% 19%
千葉   46% 20%
新潟   34% 36%
川崎   59% 14%
大宮   62% 11%
広島   53% 17%
京都   65% 15%
セレッソ 55% 16%
大分   53% 27%
福岡   49% 25%
甲府   43% 29%

ついでに支出欄を見ますと,今年から人件費が公開されております。
怖いモノ見たさでチラっと見てみると,
案の定というか何というか,
名古屋の23億1300万円は,浦和様の24億9900万円に続いて2位!!
うわ~,費用対効果があ~ 嗚呼・・・
つうか,逆に,なんで浦和ってそんなに安く済んでるの??それが不思議なんですけど・・・

ちなみにかけた人件費と得られた結果とを比較してみると(末尾は昨年度J1順位)
1位 浦和   24億9900万 1位
2位 名古屋  23億1300万 7位
3位 Fマリ   22億1000万 9位
4位 磐田   18億6900万 5位
5位 ガンバ  16億2300万 3位
6位 F東京  16億1200万 13位
7位 鹿島   15億6400万 6位
8位 川崎   15億3500万 2位
9位 千葉   14億3600万 11位
10位 広島   14億1400万 10位
11位 新潟   12億4800万 14位
12位 大宮   12億4600万 12位
13位 セレッソ 11億5000万 17位
14位 清水   11億3900万 4位
15位 京都   10億7200万 18位
16位 福岡    7億7800万 16位
17位 大分    7億5400万 8位
18位 甲府    5億5600万 15位


いやー,こうして見ると清水は本当に凄いね。心から尊敬しますわ。
それに比べて桜プギャーとか,言えば言うだけ唇が寒くなるので,
その辺の分析は発汗さんのブログや,Jリーグ100チームを目指してさんに
お任せするとしましょう。

さて気を取り直して,収入欄に戻ります。
見ているうちに入場料収入について,
僕はあることに気付いてしまったんですよ。
名古屋の6億0500万円というのは,
J1の5位(全体だと仙台にも負けてて6位,涙)なんですね。トップ10はこんな感じです。
1位 浦和   25億3100万
2位 新潟    9億9400万
3位 Fマリ   8億2600万
4位 F東京   7億4700万
5位 名古屋   6億0500万
6位 鹿島    5億9700万
7位 清水    5億8200万
8位 千葉    5億6400万
9位 磐田    5億6100万
10位 ガンバ   5億0500万

ここで待てよ?と思ったんですね。
あれ,磐田やガンバより上なのかと。うちより入場者数多くなかったっけ,と。

それで今度はこっちを見てみました。
J1クラブ別入場者数
こちらの2006シーズンのトップ10はこんなんです。
1位 浦和    774,749人  3267
2位 新潟    658,050人  1511
3位 F東京   409,634人  1824
4位 Fマリ   402,270人  2053
5位 磐田    306,033人  1833
6位 ガンバ   276,395人  1827
7位 鹿島    262,365人  2275
8位 名古屋   253,702人  2385
9位 川崎    243,780人  1604
10位 清水    243,137人  2394

あれあれ,入場者収入の順位と全然違ってるではありませんか。
ここで試しに,入場者収入を入場者数で割ってみたのが右の数字です。
こんな単純計算でいいのかどうだかわかりませんが,
一応,入場者一人から得られる収入ってことで,客単価の目安になるかと思います。

なんと,多くのチームが2000円を割り込んでいるではありませんか。
これは観客に子どもが含まれる割合が多いことを意味するのか,
はたまた,シーズンチケットがバカ売れしていることを意味するのか。
まさか,実は有料入場者数とたばかって,タダ券の客をもカウントしているなどということはないのでしょうが。。。
まあ,原因はさておくとして,
浦和を除けば,
たくさん客が入っているチームの客単価は得てして低く,
収入としては観客数に比例したものにはなっていないのではないだろうかということが推測されます。

このデータから僕がたどりついた結論,それは,


名古屋の試合に客が入らんのはチケットが高すぎるんだよ!


ってこってす。
とくに,なんで瑞穂のカテ4(バクスタ)は前売3000円もするんだって話ですよ。
あそこを2500円にしたら全体の観客数も相当違ってくると思うんですよね。
一番テレビ映るとこなんですから,あそこがガラガラだと,視聴者に対して,あーやっぱ客入ってないなあ,好き好んで行く必要ねーかっていうネガティブ効果抜群なんですよ。。
あそこが埋まってると,とにかく人の集まるところに行きたがる名古屋人の習性からして,客は相乗的に増えます。たぶん。


逆に言えば,
しょせん営業収入のほとんどを広告収入に頼ってるチームなんだから,
客単価を下げてもし入場料収入が下がったとしても,
そんなの関係ねえ!(爆

  1. 2007/10/05(金) 21:51:13|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J1第27節 柏戦2-0

最初に言っておく!
あそこは「瑞穂球技場」じゃない,
「瑞穂公園ラグビー場」だ!

一体どこに球技場って書いてあるんだおい。
あそこを勝手にそう呼んでるのはサッカー界だけだぞ。
ウィキペディアの記事にはアメフトもやってるからとかいって責任転嫁してるが,アメフトはちゃんと「ラグビー場」って呼んでるぞ(
何か?ラグビー場でサッカーやってるとは公言できない理由でもあるのか?
一般的にそう呼ばれているということはともかく,公式記録にまで嘘の名前書くっていうのはどうなんだ?

と,およそ3か月近くもブログを放置していたとは思えぬ不遜な始まり方で失礼しました。
久しぶりに更新します。

家族揃って豪雨に長時間打たれたあげく,
惨めに敗れ去った日立台のリベンジをしないわけにはいかないということで,
行ってきました柏戦。
以下つらつらと。

・いやあ,やっぱり古賀と名古屋とは何らかのケミストリーを起こしてしまうんだね。
遅きに失したとはいえ,この移籍はお互いにとって正解だよ,うんうん。
日立台でも,あいつ出てたら勝てたかもしれんし。それはないか。
まあ来季以降も笑わせてくれ。頼むぞ古賀。

・序盤は一進一退というか,むしろ押されてた名古屋。
菅沼ミノルくんのシュートのどっちかが入ってたら別の展開もあったんでしょうが,
あれが入らないのも実は[古賀×名古屋]パワーのなせる業だったりして・・・

・そしてジョンウのスーパーゴールがあっさり決まってしまうのもまた・・・

・さらに扇谷主審の靴紐がほどけるのもまた・・・

・とにかく恐るべし[古賀×名古屋]マジック。


・以下柏の話。

・フランサってボールもらえなくなってやる気なくなると別人だよなあ。

・永井俊太がよかった。あそこに入ったときは結構やばい展開になった。
CKだけはちょっとしょぼくて,安心して見てられたが。やっぱ水戸行ってきて正解だっただろ。

・ノブリンが古賀の退場を受けて太田兄(いつの間に柏に・・)をひっこめてくれたのはでかかった。
てっきりチュンソンを下げるのかと思ったが。
あれで名古屋の左サイドにかなりの自由が生まれた。

・ドゥンビアの空回りドリブルには笑った。名古屋にいた方のリカルジーニョかと思った。

・つかもう地球滅亡したんだから,もうあとの試合はオマケでいいじゃん柏。


・以下名古屋の話。

・ジョンウ兄はたぶんアジアカップインドネシア戦のあれでシュート力が覚醒しました。

・ナベ×阿部×大森×慶の4バックって,サイドバックが各2人ずついるみたいです。

・だって先制点のときの阿部のインターセプトなんて完全に左サイドバックの動きだよね。

・小川佳純タンプロ初ゴールおめでとう。実は南雄太と同じ幼稚園出身なのね。
先輩に優しくない鬼弾道でしたね。これからもばんばんミドル決めてください。

・その反面直志が再びメンタルを病んでる気配。あのシュート打たなさ加減は異常。

・素朴な疑問,誰もCKを蹴りにいかない場合,誰の遅延行為になるんだろう
(次の日の4級審判講習で質問すりゃよかった・・)。

・そうそう審判講習で思い出したけど,得点機会阻止によるレッドはペナの内外関係ないから。頼むよスパサカ。


・良い名古屋か悪い名古屋か,それは始まるまで誰にもわからないのであるね。逆にもう連敗はないような気もするね。


では今日はこの辺で失礼します。

  1. 2007/10/01(月) 19:04:38|
  2. グランパス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。