Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1974フットボールオデッセイ

1974フットボールオデッセイ

4575298859.jpg


個人的に今もっとも信頼を置いているサッカーライター,それが西部謙司。
細かい技術論から戦術論,監督観,はたまた文化論に至るまで,実に幅広い引き出しを持ち,ニュートラルでブレない立ち位置から,読み手のサッカー観を確実に刺激してくる論評の数々を,ここ数年精力的に発表し続けている。
出す本出す本ハズレなし。今では,書店でその名前を見つけた瞬間,反射的に中身も確認しないまま買ってしまうほどだ。読んでみて後悔したことは,今のところ一度もない。

その西部の新刊は,1974年W杯西ドイツ大会の決勝,西ドイツ対オランダの一戦を題材にした本だという。
なるほど折しも同じくドイツでW杯が開催されるのに合わせた趣向か。
トータルフットボールで革命を起こした74年のオランダ代表がネタとあっては,その中心であったヨハン・クライフを永遠のカリスマと崇める1人としては読まないわけにはいくまい・・そう思って,W杯開幕前に購入。

読んでみて驚いた。
小説,しかも,歴史小説なのだ。史実を元にはしているが,人物の造作,会話などはすべてフィクションだ。もちろんそのベースには,微に入り細に入った非常に綿密な取材活動がある。例えて言うなら,司馬遼太郎だ。これ明らかに司馬の文体を意識してるだろっていう箇所もあって,清水義範のパスティーシュを思い出して笑ってしまった。

読んでいくうちにさらに驚いたことが。
この本は,オランダよりも,むしろ西ドイツの視点からあの一戦を描いているのだ。
西ドイツ信仰が優勢だったダイヤモンドサッカー黄金期ならいざ知らず,現代の日本においては(僕も含め)オランダファンの方が,西ドイツのそれよりも,はるかに数が多いはず。
この一戦についても,これまでは「破れこそしたが,真にチャンピオンに値したチームはオランダであった」的な切り口で語られることの方が多かった。
中身を確認せずに買う僕のようなおっちょこちょいはともかくとして,「トータルフットボールの隠された秘密」とか「リヌス・ミケルスの真実」とか「クライフくんと愉快な仲間たち」とかいう内容にした方が,飛びついてくるミーハーが多いだろうに,それをあえてバッサリ切り捨てるとは・・

さらにさらに読み進めていくうちに,僕は,すっかりこの面白小説の虜になっていた。
本書の主役は,クライフを封じた男,ベルティ・フォクツその人である。
あ,アナタ。今,「フォクツ~?ああ,前にドイツの監督してた,ちっさいおっさんでしょ?」と思いましたね。
喝!喝ですよ。
この本を読めば,フォクツがどれだけサッカーが下手で,どれだけイカれてて,どれだけ凄い選手だったか,そして,どれだけドイツ人に愛されていたかを思い知るであろう。

本書の主な舞台となるのは,フォクツが所属していたクラブ,ボルシア・メンヒェングラットバッハである。
あ,アナタ。今,「ああ,こないだ中澤獲るって言ってた,ドルトムントじゃなくて弱い方のボルシアね!」とか思ったでしょ!
またまた喝ですよ!
名将の中の名将ヘネス・バイスバイラーが率い,フォクツ,ハインケス,そしてかのギュンター・ネッツァーを擁して,ヨーロッパにその名を轟かせたクラブをつかまえて,弱い方とはなんです失礼な。74/75シーズンからブンデスリーガ3連覇ですよ!

まあかくいう僕も,金子達仁が折に触れあのチームは凄かったと言ってるのは見聞きしていたが,これまでは映像すらも見たことがなく,バイスバイラーがボルシアMGにおいてどのようなサッカーを指向していたのかは,頭で想像するしかなかった。
しかし,この本を読むことで,まるでリアルにそのサッカーを体験したかのような気にさせられてしまった。
これはやはり,小説という感情移入しやすい形態が成功しているのだと思う。
クライフヲタクのはずの僕が,途中から思わずフォクツを応援してましたからね(笑

登場する人物は,フォクツ,バイスバイラー,ネッツァー以外にも,皇帝フランツ・ベッケンバウアー,日本の恩人デットマール・クラマー,爆撃機ゲルト・ミュラー,弱気な監督ヘルムート・シェーン,そしてもちろんヨハン・クライフなどなど,どいつもこいつもキャラが立ってて,彼らが織りなす群像劇はほんとうに魅力に満ちあふれている。

なお,あまりにも面白い小説なので,これが完全な史実だと思いこんでしまう危険性すらあるので注意されたい。
まるで,「坂の上の雲」を読んだだけで,明治という時代がすべてわかった気になって,「本来日本人というものは・・・」とか居酒屋で語っちゃってるオヤジみたいな(爆

「なんだオランダの話じゃねーのかよ・・」と思って買わなかったというそこのアナタ。悪いことは言わない。今すぐ本屋に引き返すか,ネットで注文するかしたまえ。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金) 22:01:19|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クソの役にも立たないことは分かっています。でも言わせてください

宣言します。

私は,
かつて,
ジェフユナイテッド市原という同一リーグに属するクラブから,
同クラブで監督を務めていたズデンコ・ベルデニック氏を,
札ビラで顔をはたくような真似をして無理矢理に強奪したにも関わらず,
わずか1年半のうちに,まさしく「ゴミのよう」に使い捨てるという,
言語道断の非道を働いた某クラブをサポートしている者の一人として,
某クラブに成り代わって懺悔するとともに,

今般の,
イヴィツァ・オシム氏にかかる日本代表監督就任問題に関し,
全面的に,
ジェフサポの側に与するものであります。

協会?
代表?
川淵?
田嶋?
何それ?
食えるの?

俺たちゃ,国より何よりてめぇのクラブが大事なんだよ!!
おととい来やがれヴォケ!!
  1. 2006/06/30(金) 11:28:47|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

W杯前に松田直樹がこんなことを語っていた

仕事の合間に本屋に立ち寄ったら,知らないうちに,サッカー批評31号が出ていた。
表紙には「日本サッカーの近未来を担う理論派監督 反町康治,かく語りき!」とある。
どうやら,ソリさんが語るドイツ大会大予想というのが本号の特集であるらしい。発行日からすると開幕とほぼ同時に出ていたようだ。何という迂闊! この手の記事をベスト8まで出そろった現時点で読むというのは興ざめも甚だしい。しかしまあ,だからといって毎号欠かさず読んでいる雑誌を買わないというわけにもいかないので購入。
ソリさんのW杯予想はまあ後からじっくり(意地悪く?)楽しもうと思って,一番後ろの記事から読もうとページを開けたら,そこに居た,ただならぬ眼光の持ち主。
それは,松田直樹だった。


本大会直前離脱した田中誠の代替として,ハワイで遊んでいた茂庭が呼ばれたとき,
「おい,そこはマツだろう!」という怒りの気持ちと共に,「こんな危機的状況になっても,一度嫌いになった選手は絶対に使わないんだね」という諦めの気持ちとが湧いてきた。
思えば,代表メンバー発表時のマスコミも,久保の落選&巻の「サプライズ」選出については大騒ぎしたが,松田の落選についてはまるで既定事項であったかのようにサラっと流していた。彼が既に監督に嫌われてしまっていることが周知の事実だったからか。
自分のお気に入りの選手だけ選んだ,まるで子どものママゴト遊びのような代表・・・

その松田が代表についての心中を語るインタビューをこのタイミングで載せるとは,(いろんな意味で)さすがはサッカー批評と言わずばなるまい。

記事の中では,ついこないだ崩壊したばかりの代表の守備について,だいたい予想はついてはいたが,直接聞かされるとやはり愕然としてしまう事実が,松田の口から語られていた。

まあディフェンスに関しては,練習していませんでしたからね。
ツネが中心になってやっているけど,基本的に選手の意見だけでやっているから。
ジーコって,攻撃的な選手だったから,守備のことはよく知らないのかもしれない
けど,エドゥーに任せて,何てことない練習をさせていた。



あえて「たられば」を言う。
自分が守備については素人であることを素直に認め,誰か守備戦術のスペシャリストをヘッドコーチ格でつけていれば,ファミリーではない,誰かほんとうのプロを,ライカールトにとってのテン・カーテのような誰かを・・・

松田はこうも語る。

俺の場合,まず引くんじゃなくて,前からプレスに行って,そこでボールを奪って
いくタイプなんです。でもジーコは,DFが前に行って,自陣でファウルを取られ
るのが大嫌いっていうことが,わりと最近になって分かったんですよ。



これはもしかしたら,オーストラリア戦の「魔の8分間」の謎を解くヒントなのではないか。
あれは,当たりに行けなかったのではなく,あえて行かなかったのかもしれない。
絶対にゴール前でファウルを犯したくない。
それは,フリーキックで直接ゴールを狙われるという機会を与えないがためなのだろうか。
そういえば監督は現役時代,魔法のようなフリーキックで知られていた。裏返せば,それを相手に蹴られるということに対しても,根源的な恐怖感があるのかも・・・

というように,非常に数多くの示唆を含んだインタビューなので,是非ご一読されたい。

なお,名古屋サポにとっては,スペインにわたった福田健二の現在という興味深い記事も載っております。いつか帰ってこないかな福ちゃん・・・
  1. 2006/06/29(木) 16:53:01|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

宿沢が逝ってしまった

2006年6月17日午後,元ラグビー日本代表監督宿沢広朗,55歳の若さで急逝。
山歩きの途中,心筋梗塞で倒れたという・・・
日本ラグビーフットボール協会公式

僕が生まれて初めてジャパンという存在を認識したときの監督が宿沢だった。
そう,ご多分にもれず,あの伝説の試合,89年秩父宮でのスコットランド戦の偉大なる勝利の日だ。

平尾がキャプテン,林がいて,大八木がいて,梶原,ラトゥ,堀越,朽木,そして吉田義人・・・。ほんとうに何というメンバーだったろう!
この綺羅星のような面々を率いたのが,住友銀行の為替ディーラーからいきなりジャパンの監督に就任した宿沢だった。

監督経験全くなし。ある意味ジーコよりひどいが,しかしディーラーとしても凄腕で知られたこの男はいきなり大仕事をやってのける。
宿沢ジャパンの初戦となった冒頭のスコットランドとのテストマッチに,28-24の大勝利。
歴史上初めて,IRB(国際ラグビーボード)の正メンバー8か国からの勝利を挙げてみせた。
事前の徹底した情報収集と綿密な戦略で知られた宿沢には(ああ,ここがジーコと・・),秩父宮の裏にある伊藤忠に頼み込んで部屋を一室借り,そこからスコットランドの練習をスパイしていたという有名な逸話がある。

そして91年の第2回W杯のジンバブエ戦。
いまだにジャパン唯一であるW杯での勝利を挙げ,宿沢はあっさりと監督職を勇退。

屈辱のオールブラックス戦145失点は,このわずかに4年後の第3回大会である。
日本ラグビーの栄光の日々は,宿沢とともに来て,宿沢とともに去ってしまったかのようだった。
あのスコットランド戦のキャプテン,誰もが期待をよせた男も残念ながら結果を残すことはできなかった。

あの日からもう17年か。
エリサルドジャパンが苦闘を続けているなか,
伝説の男は,実にあっさりとこの世からも去っていってしまった。まだまだ彼がやるべきことは山ほどあったのに。


今はただ,冥福を祈るのみ。
合掌。
  1. 2006/06/19(月) 19:28:15|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

民主主義は「普遍」であるだろうか

「民主的だ」という言葉を,ものごとに対する評価に用いる人がいますよね。
「あの団体は非常に民主的でいいね」とか,「そのやりかたは民主的でないなあ」とか。

それを聞くたびに僕は,ちょっとした違和感を覚えるんですね。
そこでは,民主的,民主主義的であるということが「価値あるもの」あるいは「正義」として捉えられているわけですが,しかし,あるものが民主主義的であるという状態が,ものごとの善し悪しにつながるというのはどういうことなのか。
はて,民主主義ってそういうものだったっけかな?

学校では,民主主義(democracy)とは,国民の意思に従って政治を行う政治体制のことだと習いましたね。
だとすると,民主主義というのは単に,政治についての一つのやり方,コンセプトでしかないはずではなかろうか。
なぜ,それが「よいもの」「価値あるもの」「正義」といった評価の問題につながるのでしょうか。

実は,憲法学の世界では,民主主義というのは個人の人権を保障するための手段の一つにすぎない,と言われております。

そこでは,個人はそれぞれが個々に尊重されなければならず,一人一人の持つ人権は,かけがえのない価値を有するものであって,絶対に守られなくてはならないということを大前提としたうえで,「およそ権力というものは,我々の人権を制約してくるものである」ということを小前提とします。

「ならば,その権力を国民自身が握ったらよいのではないか」というのが,人権保障の手段としての民主主義という考え方です。
つまり,権力を持ち統治する者(=人権を制約してくる者)と,権力によって統治される者(=人権を制約される者)とが,同一性を有しているということがキモでありまして,要は,自分の首を絞めるとき,もっともその力が弱いのは,自分自身で絞めるときである,という理屈なのであります。これを難しく言うと「治者と被治者の自同性」といいます。

ということは,民主主義が「価値あるもの」「正義」でありうるのは,あくまで人権保障の手段として使われるという想定の上でのみのはずなのです。

ところが,いつのまにか,手段の一つに過ぎないはずの民主主義が一人歩きしているように思えます。「民主的」「民主主義的」ということそれ自体に価値がおかれてしまっている。

この点について,わが憲法も,「民主主義は人類普遍の原理」と言い切っています。
すなわち,憲法はその前文において,「そもそも国政は,国民の厳粛な信託によるものであつて,その権威は国民に由来し,その権力は国民の代表者がこれを行使し,その福利は国民がこれを享受する。」と民主主義を採用することを宣言していますが(※ちなみに,この部分は,有名なリンカーンのゲティスバーグの演説「人民の,人民による,人民のための政治」の言い換えです),そのすぐ後の文で,「これは人類普遍の原理であり,この憲法は,かかる原理に基くものである。」ときわめて断定的に述べているのです。

「人類普遍の原理」。英文だと"This is a universal principle of mankind"ですが,ここでは,民主主義自体が普遍の原理,すなわちあまねく世界に例外なく該当する絶対的な原理,極論すれば,それに反するものの存在が許されない原理だとまで言われているのです。

民主主義自体を「普遍の原理」とまで言い切ってしまうことに対しては,本来手段にしかすぎないはずの民主主義が,それ自体実現されなければならない目的そのものに変質しはしないかという危惧を持ってしまいます。

この問題があらわになったのが,現在もなお続くイラク戦争ではないでしょうか。
この戦争に際して子ブッシュが当初掲げていた戦争遂行の大義は,「大量破壊兵器の保有」でありました。そして,大量破壊兵器の存在が怪しくなりかけたころ,戦争の大義は,「イラクの民主化」というものに巧妙にすり替えられていきました。
サダム・フセインによる独裁制を打ち倒し,イラクに民主主義をもたらすこと,それが正義であり,戦争遂行の大義だと。
そこではやはり,民主主義こそが普遍の原理であり,正義であるという価値観が前提になっていました。

自分の持っている価値観を誰かに無理やり押し付けるというその野蛮さ,傲慢さはさておくとしても,この「民主化のための戦争」という論理には,大きな欺瞞があると思います。
日々傷つけられていくイラク人民にとってみれば,戦争そのものが最大の人権侵害のはずです。
なぜ,人権保障のための手段にしか過ぎないはずの民主主義が,このような人権侵害を正当化する根拠になりうるのでしょうか。
民主主義の本来的あり方からすれば,これは本末転倒です。

民主主義がどんなに素晴らしいコンセプトだったとしても,それを押し付けようとする過程において民衆の血が流れることを正当化することはできないのではないでしょうか。

そしてまた,イラクの政治が民主的でないから変えていこうというのは,イラク人自身の問題であって,誰かがこうせよと無理矢理押し付けてよい問題ではないと僕は思います。
民主主義は,その国の民衆自らが主体的な意思決定に基づいて,「人権保障のための手段」として勝ち取ってこそ,はじめて意味を持つのではないのでしょうか。
人権保障というものを根底に持たない民主主義というのは,単なる「政治的マジョリティによる,マイノリティに対する圧制」を正当化するためのツールに堕してしまう・・・

僕は,「人権保障の精神が成熟していないにもかかわらず,無理矢理に民主主義を押しつけられてしまった国」の住人として,そんなことを感じたりしています。

  1. 2006/06/17(土) 06:38:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋地区におけるプロスポーツについて考えた

もう2週間くらい前になるのだが,今年初めてプロ野球を観に,ナゴヤドームに出かけた。平日のナイトゲームで,カードは中日対オリックスのセパ交流戦。
平日開催で,相手が不人気球団の代表格(オリファンの方スイマセン),かつ集客的には目玉となりえたかもしれない清原は欠場という状況ではいたしかたないのかもしれないが,かなり空席が目立った。そういえばダフ屋の姿もほとんど見ない。
ナゴヤドームは,いつの間にこんなに客が少ない球場になってしまったのだろうか。

ここ数年の中日は常に優勝争いに絡んでいるし,やってる野球もファンの贔屓目を抜きにしても面白い,と思う。守備ではかなり高確率でビッグプレーが出る。攻撃は井端荒木の絡みから福留ウッズの長打までバラエティ豊か。投手陣も正統派から軟投派までいろいろなタイプのピッチャーを取りそろえている。落合の采配も基本的にはオーソドックスではあるが,研ぎ済まされた勝負勘が随所に見られ,野球をよく知っているなあという印象である。

面白くて,強い。
それでも,客が入らない。

名古屋地区で客が入っていないのはもちろん野球だけではない。
瑞穂でも,豊スタでも,ここ数年ずっと,ゴール裏以外の客の不入りが目立つ。
これはグランパスが弱いからだろうか?
ここ1~2年の成績の悪化と観客動員とは特段リンクしていないように感じる。空席が目立つようになったのは弱くなるより前だ。

何かもっと,興業としての根本的なところに原因があるような気がしてならない。

思うに,スポーツというのは,それを見ることによって喜びを得られるかどうかが多分に偶然によるという性質を持つ娯楽である。
しかしすなわち(6/2修正),スポーツというものは,応援したからといって,自分のチームが必ず勝つとは限らない。
サッカーに至っては,応援しているチームが得点してくれるかどうかすら定かでないという困った競技だ。
要するにプロスポーツというのは,金を出し,また,時間を費やして見に行ったとしても,それによって喜びが得られるかどうかが偶然的な,娯楽としてはとても非効率的な娯楽なのである。何をもって喜びとするかはもちろん人それぞれであろうが。

これに対して,金を出せばまず一定の喜びが確実に保証されるという娯楽があり,こちらには人が順調に入っているようだ。それは例えば,劇団四季のミュージカルであったり,万博であったり・・・(プロレスやプロ格闘技も,どちらかといえばこちらに分類されるのかな)。
僕は結局一度も万博に行かなかったし,劇団四季にも行ったことがないので,推測で語るしかないのだが,こちらで得られる喜びというのは,プロスポーツに比べると非常に効率的なものなのではないか。金と時間をかければ,それに見合った喜びがまず確実に与えられる娯楽。


つまり,名古屋人は,娯楽を選択する際に効率や確実性を優先しているということになる・・・のだろうか?
勝利を得るか否かという皮相的なところにしか喜びを見出すことができず,それが偶然的にしか与えられないスポーツになんか,金も時間もかけられないってことなんだろうか?
これは単なる僕の思いつきにすぎないが,もしも,名古屋地区におけるプロスポーツ動員低迷の原因がこういうところにあるとしたら,この状況を覆すのには相当手こずると思う。多少の営業努力でどうにかなるものではない。

スポーツを見に行くという行為は,本来,効率とか経済性とかそういう世俗的なものとはあえて距離を置いた,それ自体で一つの文化的行動であると思うのであるが・・・。

W杯が始まる。
「祭り」の後残るのは何だろうか。
  1. 2006/06/01(木) 23:41:52|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。