Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラリアット考

北京国安のアウェイ戦はハイライトしか見てないんですが・・・



後半ロスタイム,
突破しようとした杉本が,
ラグビーでいうところのハイタックルで無惨にも止められたシーン。
止めた北京のDF#2郎征には二枚目のイエローが出て退場となりました。

どう考えても一発レッド相当のプレーでしたが,
まあそれはそれとして,あのプレーに対して,某巨大掲示板等は,

4 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:00 ID:LmuO77900
ラリアットは一発キムチだろ


7 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:05 ID:NBk4APeW0
ラリアットw


8 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:09 ID:OWwUIFcO0
見事なラリアット


12 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:20 ID:Mxh+D/YSO
ラリアットとかプロレスかよ


16 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:27 ID:ZJyDXbs+0
ラリアットww


17 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:28 ID:4W98TmPL0
ラリアットwwwwwwwww

23 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:37 ID:YqHvSnEt0
最後ラリアットで締めるって素敵


25 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:55:37 ID:XCqRyTho0
最後のすぎもとへのラリアットわらた。
何にしても、ケガ人が出なくてよかった。


31 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:56:06 ID:P8mUfhE+0
後味悪すぎ・・・
最後のあのラリアット何なんだよ・・・


33 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:56:09 ID:WaHQ1d8t0
最後にすごいラリアットオチだったぞ


61 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 21:58:08 ID:o0PCPmTp0
ラリアットを繋ぎ技で使う塩レスラーが増えた中で
ちゃんとフィニッシュで使ったのは褒めるべき


105 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 22:02:42 ID:Y7z6ArJwO
杉本がハンセンに試合後ラリアットを食らう
若手レスラーにみえた


127 名前:名無しさん@恐縮です:2009/05/20(水) 22:05:58 ID:JA9dEVgpO
名古屋サポの鬱憤を晴らすようなラリアット



というような書き込みに溢れかえりまして,その中でもとくに,
>>127に対しては思わず「誰うまwwww」というレスを返したくなるところですが(爆),
それはともかくとして,
古今東西のプロレスラーの中で,もっともスタン・ハンセンを愛している私には,
今ひとつ納得がいきませんでした。

「おいおい,あんな振り切ってない技をラリアットと呼ぶなよ失礼な,
あれはラリアットじゃなくて単なるクローズラインだろ!」
と思ってしまったのです。

(注:以後サッカーの話ナシ)


アメリカのプロレスをご覧になったことのない方には,
この「クローズライン」という技の名称はあまり馴染みがないかもしれません。

伸ばした腕の内側を相手の首や胸に打ち付けるプロレス技のことを,
我が国においては「ラリアット」と呼ぶことが一般的です。
日本マット界において長らく活躍した,
「不沈艦」ことスタン・ハンセンのフィニッシュ・ホールドである,
「ウエスタン・ラリアット(=西部式投げ縄打ち)」の影響であることは
もはや言うまでもないでしょう。



ところが,WWEなどを見ておりますと明らかなように,アメリカでは,
この技のことを「ラリアット」とは呼びません。
専ら「クローズライン」と呼んでおり,
両者は概ね同じ意味であるということになっております。

しかし,両者が同じ意味であるとはいいながら,
アメリカンプロレスにおける「クローズライン」の位置づけが
日本における「ラリアット」のそれとは比べものにならないほど軽い
ということについては,
アメプロをご覧の方々には,間違いなくご賛同いただけるところだと
思います。

アメプロにおけるクローズラインには,とにかく,
力感というものが決定的に不足しているのです。
クローズラインはほとんどの場合,
ごく軽いつなぎ技として使われるに過ぎず,
相手に与えるダメージも少ないのです。
この技でフォールを取るような場面に出会うことは極めて稀であり,
これがフィニッシュ・ホールドとなっているのは,
唯一,ジョン・ブラッドショー・レイフィールドの「クローズライン・フロム・ヘル」ぐらいで,
その他凡百のクローズラインのヘロヘロな威力は,
ハンセンのラリアットを見て育った我々を失望させるに十分です。
(とくに,猪木を舌出し失神に追い込んだホーガンのアックス・ボンバーですら
つなぎにしか使われてないとことか見るともう・・・)

で,何がこうまで技の印象を変えてしまうかと考えると,
結局のところ,
クローズラインはラリアットのように腕を振り切らないんですね。
伸ばした腕をぺちんと当てるだけなんです。
ここが決定的に違う。

で,先述の「クローズライン・フロム・ヘル」も,
やっぱり腕を振り切って相手をぶっ倒す技なんで,
私としては,これはクローズラインと名乗ってはいるものの,どっちかというと,
本質的にはクローズラインでなく,
むしろラリアットに分類される技であろうとこれまで思ってきました。




そう,私はこれまで
・腕を思いっきり振り切る=ラリアット
・伸ばした腕をそのまま当てる=クローズライン
というようにこの二つの技を区別しておったのであります。

そして,今回の北京の2番の技も,
伸ばした腕に杉本の首をひっかけて倒しただけなので,到底ラリアットとはいえず,
クローズラインでしかないと判断したわけです。

しかし,待てよ,と。
果たしてこの理解で当たっているのだろうか。
そもそもクローズラインてどういう意味なんだと,
いろいろ疑問に思うことが出てきてしまい,ちょっと調べてしまいました。

この点,日本語版ウィキペディアの「ラリアット」の項目はなかなか詳細で,
クローズラインの語源も明記されていました。

アメリカ合衆国ではラリアットのことをクローズライン (clothesline) と呼ぶのが一般的である。語源は、洗濯物を干す縄が転じて、道に糸などを張りオートバイなどで通過する人間の首に引っ掛ける罠。


なるほど,クローズラインとは,要するに,洗濯ロープのことだったのです。
道理であの技は腕をピーンと張ったままにしてるわけです。

そういえば,昔,学校をズル休みした日の午後とかに見た映画で,
道路にピアノ線を張って,暴走族の首をチョンパするシーンが出てきて,
ゾーッとしたことを思い出しました。

これに対して,「ラリアット(lariat)」を辞書で引くと,
「動物を投げ縄で捕獲する」という意味であります。

やはり,
張っておいたロープに引っかけるというどちらかといえば陰湿な行為と,
自ら投げ縄を打つというアクティブな行為とには,
その本質的なところで差があるのではないか,という結論に至りました。

さらに私は,ウィキペディアの勧めに従い,
英語版ウィキペディアの
en:Professional wrestling attacks#Clotheslineおよび
en:Professional wrestling attacks#Lariatも参考に引いてみました。

すると,"Lariat"の項にそのものずばり両者の違いが記載されてありました。

This move is similar to a clothesline,the difference being that in a clothesline the wrestler's arm is kept straight to the side of the wrestler during the move, while in the lariat the wrestler strikes their opponent with his arm.



これに対し,"Clothesline"にはこうありました。

A clothesline is a move in which one wrestler runs towards another and extends his/her arm out from the side of the body and parallel to the ground, hitting the opponent in the neck or chest and knocking him/her over. This move is often confused with a lariat.



やはり両者の違いは,
クローズライン:腕はまっすぐ伸ばされたままである
ラリアット:腕でもって敵を打ち抜く
("hit"と"strike"の違いに着目してください)

というところにあると,英語版の編集者も記載しており,
私と同意見であることがわかりました。

しかし,ここで再び私が少々気になったのは,
日本語版ウィキペディアのクローズラインについてのこの記述。

また、フットボールで腕を相手の首に引っ掛けて倒す反則としても知られる。スタン・ハンセンがフットボーラーだった頃に当時は反則でなかった「腕タックル」としてよく使用していた、と著書「魂のラリアット」で述べている。クローズラインの元祖はジェイク・ロバーツであり、ラリアットとは由来が別とされ、ラリアットという呼称が一般的なのは日本だけである。



前段は,なるほどです。
しかし後段の「由来が別」というところで疑問に思いました
元々クローズラインが(反則)技としてアメフトで使われており,
ハンセン自身が元フットボーラーとしてそれを使っていた以上,
クローズラインとラリアットとが由来が別ということはないのではないか。

むしろ,アメフトで使っていたクローズラインでは
伸ばしたままだった腕を,
ハンセンは,まさに「細い綱」を「太い縄」にするがごとく,
思いきり振り切ることで,進化させたのではないか。
そうだとすると,ラリアットは,クローズラインをその祖とする,
発展系の技なのではないか。

そのような仮説を立て,調査を進めて参りましたところ,
私はこの点についてのハンセン自ら自身のこんな発言を発見したのです。

ハンセン「ラリアット(投げ輪)は私がつけた西部風の名前なんだ。あれは『クローズライン』というアメフトの技なんだよ。私がアメフトをしていた時に覚えた技なんだ。レスリングを始めた時に特別な技を使いたいとおもったんだよ。強力で誰もが私の技と認めるようなね。それでこの技を選んだんだ」

日刊H.T スタン・ハンセン出演「英語でしゃべらナイト」を見た
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/blog-entry-1145.html



あれれ,由来が同一どころか(その点は私の仮説は当たっていましたが),
結局同じ技だと本人に言われてしまいました。
おいおい,今までの分類のための努力は一体・・・。


まあ,いいです。
当の本人が何と言おうと,クローズラインとラリアットは違う技であると,
私は断言します。
腕を振り抜いてないラリアットはラリアットじゃない。

そして,あの北京の2番のはやっぱりラリアットじゃありません!
あれは腕振り抜いてないから。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/23(土) 00:37:46|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

全国大学ラグビー選手権決勝 関東学院33-26早稲田

6年連続同一カード,ということばかり言われたこの試合であるが,
それより何より,カントーの10年連続決勝進出というのが,これは何かもう一種の凄みすら感じる記録なのである。

この10年,決勝でまみえる相手は,明治,明治,慶應,法政,そして6回の早稲田と移り変わってきたものの,その間全く揺るぐことなく,一貫してトップとして君臨し続けてきたカントー。その偉大なる継続性。

思い出すのは10年前の準決勝早稲田戦である。
この年のカントーは,センターに4年生故仙波優(ここで「故」と書かねばならぬこの無念さよ・・),No8に3年生箕内拓郎,フルバックに2年生立川剛士という,粒揃いの素材たちに,待望久しい「頭脳」をついに加えていた。
まさしくラスト1ピース,それが佐賀工出身のルーキー,スタンドオフ淵上宗志だった。
淵上を得たカントーは,この96年度無敵の快進撃。
来日したオックスフォード大に対して学生単独チームとして史上初めての勝利,その勢いで6年ぶり2回目のリーグ戦優勝を全勝で飾る。
意気揚々と臨んだ大学選手権準決勝の相手は,早稲田・中竹組。
勢いそのままに終始試合をリードし,一時は18点差までつけたカントー。誰もが勝利濃厚と思ったが,ここから早稲田の怒濤の反撃が始まる。あれよあれよという間に点差が縮まり,ついに逆転のトライを許すカントー。終わってみれば32-27,わずか1トライ差で惜敗。試合後キャプテン仙波は号泣。伝統校の壁のなんと強大なことか。
この年すっかりにわかカントーファンになっていた僕には,その「壁」がとてつもない厚さに思えた。これを打ち破るのは一体どれだけの年月がかかるのか・・・

しかし,翌97年度,カントー箕内組は,あのとき打ち破るのは絶望的にすら思えた「壁」をいとも易々と突破する。
初の決勝進出にして,三連覇を狙う明治を圧倒,30-17の完勝で大学選手権初優勝。
そしてそこからの9シーズン,カントーは,常に決勝に進出し続け,5回もの優勝を飾ったのである。
そして,今年,10年連続の決勝進出である。
名将清宮既に去り,早稲田を率いるは,奇しくも,あの96年度キャプテンであった中竹竜二。春口監督の胸中やいかに・・

試合内容について改めて記すことはしないが,カントーは強かった。いや,強くなった。
これが,ついこないだ法政にもろくも逆転負けを食らったのと同じチームなのかと見まがうばかり。
男子三日会わざれば刮目して見よ。
これぞ学生ラグビーの醍醐味であるか。
「スターはいらない。雑草に花が咲きましたよ」
春さんの決め台詞もカッコよく決まったね。おめでとうカントー!

  1. 2007/01/16(火) 12:24:46|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

宿沢が逝ってしまった

2006年6月17日午後,元ラグビー日本代表監督宿沢広朗,55歳の若さで急逝。
山歩きの途中,心筋梗塞で倒れたという・・・
日本ラグビーフットボール協会公式

僕が生まれて初めてジャパンという存在を認識したときの監督が宿沢だった。
そう,ご多分にもれず,あの伝説の試合,89年秩父宮でのスコットランド戦の偉大なる勝利の日だ。

平尾がキャプテン,林がいて,大八木がいて,梶原,ラトゥ,堀越,朽木,そして吉田義人・・・。ほんとうに何というメンバーだったろう!
この綺羅星のような面々を率いたのが,住友銀行の為替ディーラーからいきなりジャパンの監督に就任した宿沢だった。

監督経験全くなし。ある意味ジーコよりひどいが,しかしディーラーとしても凄腕で知られたこの男はいきなり大仕事をやってのける。
宿沢ジャパンの初戦となった冒頭のスコットランドとのテストマッチに,28-24の大勝利。
歴史上初めて,IRB(国際ラグビーボード)の正メンバー8か国からの勝利を挙げてみせた。
事前の徹底した情報収集と綿密な戦略で知られた宿沢には(ああ,ここがジーコと・・),秩父宮の裏にある伊藤忠に頼み込んで部屋を一室借り,そこからスコットランドの練習をスパイしていたという有名な逸話がある。

そして91年の第2回W杯のジンバブエ戦。
いまだにジャパン唯一であるW杯での勝利を挙げ,宿沢はあっさりと監督職を勇退。

屈辱のオールブラックス戦145失点は,このわずかに4年後の第3回大会である。
日本ラグビーの栄光の日々は,宿沢とともに来て,宿沢とともに去ってしまったかのようだった。
あのスコットランド戦のキャプテン,誰もが期待をよせた男も残念ながら結果を残すことはできなかった。

あの日からもう17年か。
エリサルドジャパンが苦闘を続けているなか,
伝説の男は,実にあっさりとこの世からも去っていってしまった。まだまだ彼がやるべきことは山ほどあったのに。


今はただ,冥福を祈るのみ。
合掌。
  1. 2006/06/19(月) 19:28:15|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

名古屋地区におけるプロスポーツについて考えた

もう2週間くらい前になるのだが,今年初めてプロ野球を観に,ナゴヤドームに出かけた。平日のナイトゲームで,カードは中日対オリックスのセパ交流戦。
平日開催で,相手が不人気球団の代表格(オリファンの方スイマセン),かつ集客的には目玉となりえたかもしれない清原は欠場という状況ではいたしかたないのかもしれないが,かなり空席が目立った。そういえばダフ屋の姿もほとんど見ない。
ナゴヤドームは,いつの間にこんなに客が少ない球場になってしまったのだろうか。

ここ数年の中日は常に優勝争いに絡んでいるし,やってる野球もファンの贔屓目を抜きにしても面白い,と思う。守備ではかなり高確率でビッグプレーが出る。攻撃は井端荒木の絡みから福留ウッズの長打までバラエティ豊か。投手陣も正統派から軟投派までいろいろなタイプのピッチャーを取りそろえている。落合の采配も基本的にはオーソドックスではあるが,研ぎ済まされた勝負勘が随所に見られ,野球をよく知っているなあという印象である。

面白くて,強い。
それでも,客が入らない。

名古屋地区で客が入っていないのはもちろん野球だけではない。
瑞穂でも,豊スタでも,ここ数年ずっと,ゴール裏以外の客の不入りが目立つ。
これはグランパスが弱いからだろうか?
ここ1~2年の成績の悪化と観客動員とは特段リンクしていないように感じる。空席が目立つようになったのは弱くなるより前だ。

何かもっと,興業としての根本的なところに原因があるような気がしてならない。

思うに,スポーツというのは,それを見ることによって喜びを得られるかどうかが多分に偶然によるという性質を持つ娯楽である。
しかしすなわち(6/2修正),スポーツというものは,応援したからといって,自分のチームが必ず勝つとは限らない。
サッカーに至っては,応援しているチームが得点してくれるかどうかすら定かでないという困った競技だ。
要するにプロスポーツというのは,金を出し,また,時間を費やして見に行ったとしても,それによって喜びが得られるかどうかが偶然的な,娯楽としてはとても非効率的な娯楽なのである。何をもって喜びとするかはもちろん人それぞれであろうが。

これに対して,金を出せばまず一定の喜びが確実に保証されるという娯楽があり,こちらには人が順調に入っているようだ。それは例えば,劇団四季のミュージカルであったり,万博であったり・・・(プロレスやプロ格闘技も,どちらかといえばこちらに分類されるのかな)。
僕は結局一度も万博に行かなかったし,劇団四季にも行ったことがないので,推測で語るしかないのだが,こちらで得られる喜びというのは,プロスポーツに比べると非常に効率的なものなのではないか。金と時間をかければ,それに見合った喜びがまず確実に与えられる娯楽。


つまり,名古屋人は,娯楽を選択する際に効率や確実性を優先しているということになる・・・のだろうか?
勝利を得るか否かという皮相的なところにしか喜びを見出すことができず,それが偶然的にしか与えられないスポーツになんか,金も時間もかけられないってことなんだろうか?
これは単なる僕の思いつきにすぎないが,もしも,名古屋地区におけるプロスポーツ動員低迷の原因がこういうところにあるとしたら,この状況を覆すのには相当手こずると思う。多少の営業努力でどうにかなるものではない。

スポーツを見に行くという行為は,本来,効率とか経済性とかそういう世俗的なものとはあえて距離を置いた,それ自体で一つの文化的行動であると思うのであるが・・・。

W杯が始まる。
「祭り」の後残るのは何だろうか。
  1. 2006/06/01(木) 23:41:52|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。