Les Sang et Or

Jリーグ名古屋グランパスサポの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1974フットボールオデッセイ

1974フットボールオデッセイ

4575298859.jpg


個人的に今もっとも信頼を置いているサッカーライター,それが西部謙司。
細かい技術論から戦術論,監督観,はたまた文化論に至るまで,実に幅広い引き出しを持ち,ニュートラルでブレない立ち位置から,読み手のサッカー観を確実に刺激してくる論評の数々を,ここ数年精力的に発表し続けている。
出す本出す本ハズレなし。今では,書店でその名前を見つけた瞬間,反射的に中身も確認しないまま買ってしまうほどだ。読んでみて後悔したことは,今のところ一度もない。

その西部の新刊は,1974年W杯西ドイツ大会の決勝,西ドイツ対オランダの一戦を題材にした本だという。
なるほど折しも同じくドイツでW杯が開催されるのに合わせた趣向か。
トータルフットボールで革命を起こした74年のオランダ代表がネタとあっては,その中心であったヨハン・クライフを永遠のカリスマと崇める1人としては読まないわけにはいくまい・・そう思って,W杯開幕前に購入。

読んでみて驚いた。
小説,しかも,歴史小説なのだ。史実を元にはしているが,人物の造作,会話などはすべてフィクションだ。もちろんそのベースには,微に入り細に入った非常に綿密な取材活動がある。例えて言うなら,司馬遼太郎だ。これ明らかに司馬の文体を意識してるだろっていう箇所もあって,清水義範のパスティーシュを思い出して笑ってしまった。

読んでいくうちにさらに驚いたことが。
この本は,オランダよりも,むしろ西ドイツの視点からあの一戦を描いているのだ。
西ドイツ信仰が優勢だったダイヤモンドサッカー黄金期ならいざ知らず,現代の日本においては(僕も含め)オランダファンの方が,西ドイツのそれよりも,はるかに数が多いはず。
この一戦についても,これまでは「破れこそしたが,真にチャンピオンに値したチームはオランダであった」的な切り口で語られることの方が多かった。
中身を確認せずに買う僕のようなおっちょこちょいはともかくとして,「トータルフットボールの隠された秘密」とか「リヌス・ミケルスの真実」とか「クライフくんと愉快な仲間たち」とかいう内容にした方が,飛びついてくるミーハーが多いだろうに,それをあえてバッサリ切り捨てるとは・・

さらにさらに読み進めていくうちに,僕は,すっかりこの面白小説の虜になっていた。
本書の主役は,クライフを封じた男,ベルティ・フォクツその人である。
あ,アナタ。今,「フォクツ~?ああ,前にドイツの監督してた,ちっさいおっさんでしょ?」と思いましたね。
喝!喝ですよ。
この本を読めば,フォクツがどれだけサッカーが下手で,どれだけイカれてて,どれだけ凄い選手だったか,そして,どれだけドイツ人に愛されていたかを思い知るであろう。

本書の主な舞台となるのは,フォクツが所属していたクラブ,ボルシア・メンヒェングラットバッハである。
あ,アナタ。今,「ああ,こないだ中澤獲るって言ってた,ドルトムントじゃなくて弱い方のボルシアね!」とか思ったでしょ!
またまた喝ですよ!
名将の中の名将ヘネス・バイスバイラーが率い,フォクツ,ハインケス,そしてかのギュンター・ネッツァーを擁して,ヨーロッパにその名を轟かせたクラブをつかまえて,弱い方とはなんです失礼な。74/75シーズンからブンデスリーガ3連覇ですよ!

まあかくいう僕も,金子達仁が折に触れあのチームは凄かったと言ってるのは見聞きしていたが,これまでは映像すらも見たことがなく,バイスバイラーがボルシアMGにおいてどのようなサッカーを指向していたのかは,頭で想像するしかなかった。
しかし,この本を読むことで,まるでリアルにそのサッカーを体験したかのような気にさせられてしまった。
これはやはり,小説という感情移入しやすい形態が成功しているのだと思う。
クライフヲタクのはずの僕が,途中から思わずフォクツを応援してましたからね(笑

登場する人物は,フォクツ,バイスバイラー,ネッツァー以外にも,皇帝フランツ・ベッケンバウアー,日本の恩人デットマール・クラマー,爆撃機ゲルト・ミュラー,弱気な監督ヘルムート・シェーン,そしてもちろんヨハン・クライフなどなど,どいつもこいつもキャラが立ってて,彼らが織りなす群像劇はほんとうに魅力に満ちあふれている。

なお,あまりにも面白い小説なので,これが完全な史実だと思いこんでしまう危険性すらあるので注意されたい。
まるで,「坂の上の雲」を読んだだけで,明治という時代がすべてわかった気になって,「本来日本人というものは・・・」とか居酒屋で語っちゃってるオヤジみたいな(爆

「なんだオランダの話じゃねーのかよ・・」と思って買わなかったというそこのアナタ。悪いことは言わない。今すぐ本屋に引き返すか,ネットで注文するかしたまえ。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金) 22:01:19|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガッザの涙

ガッザの涙

20060529192843.jpg


80/90年代イングランド・フットボールシーンが誇る最高のトリック・スター,ポール"ガッザ"ガスコインが,自らの身をカンナで削るがごとくして世に送り出した半生記"Gazza My Story"の邦訳。
2005年度英国最優秀スポーツブック賞を受賞した原著を,職人東本貢司の名調子で読むことのできる幸せ。

がっちりしたその体形に似つかわぬ繊細なボールタッチと,テクニカルかつインテリジェンスあふれるプレーで見る者すべてを魅了したこの天才MFはまた,私生活におけるアルコール絡みの数多くのトラブルや,妻へのDVなどで,タブロイド紙の常連でもあった。

そのアンビバレンツ,存在としての危うさ。
当時,誰もが疑問に思っていたはずだ,どうしてあれほどの天賦の才に恵まれた選手が,こうまでめちゃくちゃな私生活を?

ガッザがこの本を書かねばならなかった理由,それこそが上記の疑問に対する答えだ。
何故,彼は,こんな,狂おしいまでに赤裸々に,自らの闇の部分までをもさらけだすような本を書かなければ,ならなかったのか。

本書の邦題であり,カバー写真にも用いられている「ガッザの涙」は,90年イタリアW杯の準決勝西ドイツ戦において,PK戦の末イングランドの敗退が決まって号泣した有名なシーンからとられている。
第26章冒頭の精神科医のコメント。「痛いから泣く。そういう人々もいる。だが,ガスコインの場合は違う。彼は我が身に絶望して泣いた」
そう,彼はもっともっと早く癒される必要があった・・・

プロローグで語られる,アルコール依存症と鬱病の治療のため入院したクリニックで,セラピーの一環として彼が始めた人生のチャートマップ作り。自己の人生との対面という意味でいわゆる「内観法」に近いと思われる,このセラピーなしには,おそらくこの本がここまでの奥深さを持つことはありえなかった。

自己との対面によって,次第に明らかになってくる,ほんとうのポール・ガスコインの姿。

 「ガッザ」というエンタテイメントで刹那的な人格と折り合いをつけられないでいる,素朴で退屈な一人の田舎者。
 繰り返し語られる,「死」に対する根源的な恐怖のイメージ。
 鬱病,強迫観念,妄執,チック,自殺願望・・・
 やがて訪れる,アルコール,煙草,ドラッグへの依存・・・

一読すればすぐわかるように,この本は前半と後半とでまったく異なる二つの顔をしている。前半のとことんバカげた冗談話,後半立て続けに襲いくる悲劇。
しかし,僕はむしろ前半部分のなかにこそ,彼の真の哀しみを見てしまうのだ。その天衣無縫なバカ騒ぎの裏に,いったいどれだけの闇がひそんでいたのか・・・

終盤,彼はこう語る。
「ぼくの人生のガッザのステージはもうお終いにしよう」と。
その言葉の持つもの哀しさよ。
そしてありのままの自分と向き合い,明日を生きようとする勇気よ。

それはハッピーエンドか?
・・・そうに決まっている。
  1. 2006/05/29(月) 19:33:47|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイブスター物語12巻

ファイブスター物語12巻

20060509164738.jpg


自分がそうだから,というわけじゃないが,一番好きなモビルスーツはと聞かれて「キュベレイ!」と答える層がある割合で存在する,と思う。
キュベレイにしても百式にしてもリック・ディアスにしても,デザインに永野護が噛んだMSは,他のと比べても一際異彩を放っている。ロボットであるにも拘わらず生命力に満ちているそのデザインは,一定の人々を魅了してやまない。
 
そんな永野の(誇張でなく)ライフ・ワーク,じつに3年ぶりの新刊。
そして連載開始20周年だそうである。もうそんなに経つんだなあ,年取るわけだわ

最初に「Newtype」誌でこの「ファイブスター物語」(以下FSS)を読んだときのことは,いまだに記憶してて,モラードを尋ねて山の中をさまよっていたコーラスⅢ世がうっかりMHサイレンを見つけちゃって,ラルゴに見つかって斬られて死にそうになってるのをロードス公に助けられるところだ。単行本2巻の辺り。

当時の僕は,どっちかというと徳間書店「アニメージュ」派で,この雑誌を隅から隅まで読んで,哲学的考察を繰り広げることこそが硬派なアニメファンのあるべき姿だという,妙な教条主義に囚われており,「Newtype」なぞ読む奴は,カドカワの商業主義に毒された俗物だとバカにしていた。
本音を言えば,「アニメージュ」で面白かったのは,宮崎駿が連載していたナウシカのマンガだけで,文章記事はおおむね読むのが苦痛だったのだが(笑

そんなある日,弟が買ってきた「Newtype」をうっかりと開いてしまった僕は,上に書いた連載第何回目かのFSS本編と,巻頭カラーイラスト(確かミラージュ入団後のヨーン・バインツェルだったような・・)を見て,このトンデモないマンガに完全にシビれてしまった。
異常に多い登場人物と裏設定の数々,スタイリッシュな絵柄,キマりまくるセリフとポーズ。もしかしたら人物よりも表情豊かなメカ。
世界広しといえどおそらく永野にしか具現できないであろう「ハイパーおとぎ話」は,まさに,後世に言う「おたく」のストライクゾーンど真ん中に投げ込まれた豪速球であった。

それ以来僕は,「アニメージュ」をあっさり投げ捨て,快楽主義に身をゆだねるかのように,「Newtype」に転んだ。すぐさまFSS1巻を買いに走り,劇場版のビデオを何回も見,前作「フール・フォー・ザ・シティ」を買い,元ネタである"Foghat"の同名アルバムをレンタルし,当時もうちょっと資金力があればレッド・ミラージュのガレージキットも買いそうな勢いだった。

やがて,大学生になった僕は,だんだんアニメに対する興味を失ってゆき,「Newtype」も買わなくなった。たまにパラパラ立ち読みしては,「おっ連載再開か」とか「また休載かよ」とか確認するぐらい。

今では,単行本が出れば買うが,その他の出版物には手を出していない,ましてやガレキ作ったりもしてない,標準的な読者の1人だ。
けれども,買ってきた単行本の封を開け,ページを開くときの甘酸っぱくワクワクした気持ちは,あの頃とまったく変わりはしない。
もはや惰性で買ってるんじゃなかろうかと時折自問自答したりもするけど,永野はいつも僕の期待を裏切らない。何らかの形で完結することなどまったく期待していないし,むしろして欲しくはない。

数年おきに家にやってくる小父さんにお年玉もらうみたいな,いい大人がそれをもらった瞬間に子どもに戻っちゃうみたいな,そんな存在でいいのです。
  1. 2006/05/09(火) 16:57:28|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サッカーという名の神様

サッカーという名の神様

20060421160410.jpg


近藤篤の撮る写真と,彼の書く文章が好きだ。

近藤篤は,サッカーという遊びの本質的な部分を捉まえて表現することのできる,この国では稀有の写真家である。
彼は,プロアマ草を問わず世界中のあらゆるサッカーの現場を巡り,有名無名の人々との間でサッカーにまつわるあまたの事象について語らい,そして,この遊びの本質を啓示するかのような素晴らしい写真を撮り,気の利いた文章を書く。
その誠実な仕事は,ネームバリューのあるインタビュイーと自分とがいかに親密であるかをアピールすることのみで成り立っているような凡百のサッカー記事とは,およそ対局に位置している。

サッカーマガジンでの連載をまとめた前作「木曜日のボール」は,「写真+エッセイ」集という体裁だったが,本書は文章がメインであって,サッカーに対する深い洞察とウィットに富んだ文章をたっぷりと堪能できる(もちろん,新書ゆえにモノクロなのが勿体ないような写真も沢山収録されている)。

この本で彼が描き出すのは,
座席の下にスパイクを忍ばすブラジルのタクシー運転手,
パラグアイに暮らすインディオの誇り高き族長,
ファンバステンと握手したことのあるスリランカの老教師,
トルシエの限界を論じるナイル川のボート屋,
ロシア代表MFアレクサンドル・モストボイ,
アトレティコ・マドリーのファンが集うレストランのオーナー,
リーズサポのグラフィック・デザイナー,etc.
といった,(モストボイ以外)知名度のかけらもない雑多な人々。

これらの人々がただ一点において共通するのは,「サッカーという名の神様」に取り憑かれてしまった,実に哀れな人たちであるという点においてである。
より直裁に言うなら,この本は世界中に生息するサッカーバカについて書いた本だ。
登場するサッカーバカの存在を通して,サッカーという遊びそのものが本来的に持っている魔力の一端に迫ることができる本だ。

なぜサッカーは,こんなにも人間をおバカに変え,
おバカな人間をさらにおバカにさせるのか。
サッカーの持つ力とは。
サッカーとは。

毒にも薬にもならないサッカー本が世に溢れるなか,細川周平の大作「サッカー狂い」以来この国では長らく途絶えていた「サッカーそのものに真に迫ろうとする試み」に,近藤篤は軽やかに踏み出した。
サッカーバカ諸氏よ,ぜひとも読まれたい。そして考えよう,サッカーとは何かを。
  1. 2006/04/21(金) 16:13:13|
  2. 書評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ

終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ

20060414203152.jpg

名古屋サポなら覚えているはずだ,アンダーシャツに書き殴った"NATO STOP STRIKES"のあの文字を。
1999年6月,ユーゴ大統領スロボダン・ミロシェビッチは和平案を受諾し,NATOの空爆は止まった。国際社会においては,コソボ自治州においてアルバニア系住民に対して「民族浄化(ethnic cleansing,・・・何と忌まわしい訳語!)」を行ったセルビア人は悪魔であるとの評価がおおよそ定まり,そして,コソボからの報道は途絶えた。
だが,平和になったはずのコソボにおいて,今度はアルバニア人による復讐が始まっていた。人知れず「浄化」されていくセルビア人。報復が報復を呼ぶ血の連鎖。
本書は,空爆終了後のコソボで一体何が行われてきたのかを伝えなければならないという使命感に突き動かされたジャーナリストの,6年間にわたる「闘いの記録」。
終盤,ドイツ人オーストリア人(06.08.02修正)作家ペーター・ハントケとの邂逅シーンはまさに圧巻である。

遅ればせながら読了。
著者は,いわゆるユーゴサッカー三部作の木村元彦氏。
この人の行動力には本当に頭が下がる。
amazonのオシム本の書評でも,文章が下手だ何だと貶されている木村氏だが,もうね,文章力とか構成の巧みさとか,そんなもなぁどうでもいいんすよ。

今,後輩からハロルド作石「BECK」を借りて読んでるんですが,21巻で「バンドの初期にしか存在しない,えげつないパワーを録る」っていうフレーズが出てくるでしょう。
レコーディングで今ひとつノってこないコユキに向かって,竜介が「立って弾け」って言ったのを聞いたエンジニアの大石がニヤッとするあのシーン。
この本からは,あそこでいうところの「えげつないパワー」をめちゃくちゃ感じます。

立って,そして行動した者にしか成し遂げられない偉大な仕事です。
三部作と合わせて一読されることをおすすめします。
  1. 2006/04/14(金) 20:40:15|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

astin

Author:astin
フットボール?
あんな馬鹿馬鹿しいもの
  シラフで見てられるわけがねえ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。